COMPANY
バディットコンサルティングを知る

【Buddy職】エンジニアの夢を現実にする頼もしいパートナーでありたい

バディットコンサルティングを知るCOMPANY
PROFILE

林 亮輔(Manager)
◆入社年:2019年
◆出身:神奈川県
◆趣味:ボーリング、ラクマ

バディットコンサルティングは、エンジニアと案件をマッチングする担当者を、「営業職」ではなく、「Buddy職」と呼ぶ。仕事上の悩みはもちろん、ときにはプライベートの相談にも乗りながら、エンジニアのスキルアップや報酬アップをサポートする“頼れる仲間”という意味あいがある。Buddy職として担当エンジニアのために奔走しつつ、Buddy職部門を統括する立場である林亮輔に、自らがサポートしたエンジニアの具体的なケースをもとに、Buddy職の役割について解説してもらった。

エンジニアにプラスになる案件だけを探す

バディットコンサルティングではエンジニアと案件をマッチングする担当者を「Buddy職」と呼んでいます。ほかのIT企業なら、「営業職」の仕事でしょう。当社のBuddy職が一般的な営業職と違うのは、自分の成績を上げるために、エンジニアの希望を無視した案件をもってくることをせず、あくまでエンジニアのキャリアアップにプラスになる案件だけを探すところ。

「エンジニアは職人。自分ひとりでスキルを身につけ、技術力だけで身を立てていくもの」というイメージがあると思いますが、ときには自分が進むべき方向に悩むこともあります。そこで当社では、Buddy職が一緒になってエンジニアの進む方向を考え、その方向にあった案件を探しだしてきて、マッチングしているのです。エンジニアのキャリアアップの頼れる存在、だからBuddyなんです。

当社の社名にある「バディット」も、BuddyとITを組み合わせた造語。「当社のエンジニア全員が仲間であり、お互いが頼れる仲間になる」という思いが込められています。それは、仕事上のことだけにとどまりません。せっかく当社にジョインしてくれたのだから、人生を丸ごと充実させてほしい。そのためにはワークライフバランスが大切ですから、Buddy職はエンジニアのプライベート上の悩み相談に乗ることもありますよ。

ベテラン技術者のマネジメント力向上を支援

では、具体的にBuddy職がどのようにエンジニアを支援しているか、大企業からバディットコンサルティングへ転職してきたベテランエンジニア、Sさんを例に、お話しします。当時、45歳だったSさんのBuddy職を、私が務めることに。案件はすぐに決まりました。交通事業者様向けのシステム開発で、要件定義・基本設計など上流から手がけていく業務。Sさんほどのハイスキルなエンジニアであれば、どこの会社でも案件をマッチングできたでしょう。「バディットコンサルティングならでは」といえるのは、当社の若手エンジニア1名に、同じ現場で働いてもらったことです。

というのも、Sさんが当社にジョインしてくれた大きな理由が、「ゼロから組織をつくっていくことにチャレンジしたい」だったから。その夢をかなえるための第一歩として、私は、「若手と一緒に働き、彼を育てながら、ペアで現場の課題を解決してくださいね」とお願いしたのです。

ところが、数ヵ月たったころ、若手エンジニアから私へ、SOSが入ったのです。「Sさんから怒られてばかりでつらい。いわれた通りにしているのに、なぜ怒られなければならないんでしょうか」と。私は若手エンジニアとSさん、双方から詳しく事情をヒアリング。Sさんの伝え方に課題がありそうでした。

Sさんの考えはお客さまの要望に対して、しっかり的を射ていた。「お客さまはこういうことを願っている。だから私たちエンジニアは、ここまでやらなければいけない」。正しいことをいっているのに、言葉が足りなさすぎて、若手エンジニアからすると、理不尽に怒られているとしか感じられなかったのです。そこでSさん、若手エンジニア、私の3人で話しあう場をもうけ、「いまのは、こういうことをいいたかったんですよね」「それは、こういう意味なんですよね」と、私がSさんの真意を“翻訳”して若手に伝えていったんです。

結果、若手エンジニアは納得し、Sさんへの信頼感を高めてくれました。それだけでなく、Sさん自身が「なるほど、こういうふうに伝えるべきなんだな」と理解してくれ、だんだんと後輩とのコミュニケーション方法を磨いてくれるようになりました。そのうち、若手と2人で飲みに行くような関係性を築くこともできるように、現在、Sさんは当社の役職者として、8人の部下を育てています。「イチから組織をつくる」という夢の実現が、手の届くところに来ています。

仕事の価値に気づいた若手の急成長

若手エンジニアのBuddy職を担当したこともあります。たとえば、学校を卒業してからずっとアルバイト人生で、当社ではじめて正社員になった20代のK君。「いつかは開発の仕事をやってみたい」という想いを胸に秘め、社内で約1ヵ月間、基礎的な研修を受けたうえで、最初の仕事としてインフラ業務の案件が決まりました。

ところが、3ヵ月ほどして、「相談に乗ってほしい」といわれました。話を聞いてみると「仕事が単調でおもしろくない」「自分じゃなくても、ほかの人でもできる業務だと思う」「いまの仕事が自分の将来にどう役立つのかわからない」といった内容でした。仕事はサーバの運用監視。確かに地味で単調な仕事です。しかし、私はその業務の意味を、彼に説明しました。

「システムというものは完成したあとの運用こそが大切で、不具合やエラーでシステムダウンしてしまうとユーザーさんに大きな迷惑がかかる。それを監視しているK君は、いわば“最後の砦”なんだよ」と。そして、なぜエラーやバグが出てしまうのかを分析することで、システムをつくる側の視点もやしなえる現場であることを伝えました。「システムをつくる側から入っていくのと、運用から入っていくのとでは、君が将来、開発に回ったときつくるものの完成度がまったく違う。いまやっていることは、つくる側になるためのファーストステップだ。そういう意味でこの現場をマッチングしたんだよ」。そこまで話したとき、彼はハッとしたような顔をしました。

その後、彼は変わりました。エラーが発生したとき、その事実をすぐに担当者へ報告するだけでなく、なぜエラーが起きたのか、再発防止にはなにができるかなども含めて提案するように。お客さまから「Kさんは機転がききますね」といった評価をいただいたこともあり、周囲がびっくりするほどのスピードで成長していきました。

入社半年後にはサブリーダーとなり、8ヵ月後には運用のほかに、お客さまから検証やテストの業務も任されるようになりました。いまは、現場に入って1年少したちましたが、未経験の新人エンジニア3人を教育してもらう立場に。ほかのIT企業だったら、仕事の不満を訴えても、「仕事がつまらない? 入社して3ヵ月でなにいってんだ!」とはねつけられ、そこで辞めていたのかもしれません。私たちBuddy職だからこそ、本人の誤解をとき、キャリアアップをサポートできたのだと自負しています。

エンジニア経験があるから気持ちがわかります!

エンジニアの悩み相談に乗り、アドバイスができるのは、私にエンジニア経験があるからかもしれません。前職は規模の大きいIT系の企業。営業職として採用されたのですが、エンジニアも経験しました。そのとき、担当営業としてついてくれたのが、深澤だったんです。とても親身になって、私のキャリア相談に乗ってくれたのをよくおぼえています。

その深澤が新たに会社を立ち上げた、という話を聞き、「このまま大きな会社のいち営業として数字を追いかけ続ける人生でいいのか」「もっとヒトと濃密にかかわり、組織をつくる側に回ってみたい」という想いがこみあげてきたんです。だから、深澤に「一緒にやらないか?」と誘われたときは、迷わず転職を決めました。

エンジニアの成長を目の当たりにできるのは、Buddy職ならではのやりがい。これからも新しいお客さまを開拓して、エンジニアがチャレンジできる環境を提供し、エンジニアと一緒に会社を大きくしていきたいですね。

SHARE

READ MOREもっとバディットコンサルティングを知る

ABOUT US|世の中の人全ての課題をBuddyとなって解決する...
MORE
続きを読む
【新人×ベテラン対談】研修で学べないことを、実戦で教えてもらいました
MORE
続きを読む
【技術部門長/エンジニア】ベテランが1対1でサポート。だから未経験...
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報

インフラエンジニア|ネットワーク構築
  • エンジニア
MORE
続きを読む
システムエンジニア
  • エンジニア
MORE
続きを読む
ITエンジニア
  • エンジニア
MORE
続きを読む
ITエンジニア|テクニカルサポート
  • エンジニア
MORE
続きを読む

ENTRY応募する

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. バディットコンサルティングを知る
  3. 【Buddy職】エンジニアの夢を現実にする頼もしいパートナーでありたい