PAGE TOP

思いのままに技術スキルを磨き、 世界があっと驚く事業をつくろう

COMPANY

フリーエンジニアのための仕事紹介サイト『Freebace(フリーベース)』。ベビーシッターと親をマッチングする『mamacoco(ママココ)』。自社開発のサービスを次々に世へ送り出し、注目を集めるCLOCK・IT。2016年設立と、後発であるCLOCK・ITが、革新的なサービスを生み出せる背景には、独自のエンジニア育成の仕組みがある。代表取締役の飯沼優輔氏に、人材育成術とその裏にある経営哲学について聞いた。

「あえて元請けにならない」理由

『Freebace』『mamacoco』を立ち上げて、注目されていますね。競争が激しいWebサービスの世界で、後発であるCLOCK・ITが実績をあげている理由はなんでしょう。

 人材が育ってくれたことです。「できる人」よりも、「やってみたい人」「成長したい人」を優先して採用してきた結果、当社には高い成長意欲をもつ人材が集まった。そういう人は入社後、猛スピードでグングンと実力を身につけていってくれます。結果、自社サービスの開発・運営でも、多くの人材が中核として期待以上の働きをしてくれたんです。

しかし、いくらやる気があるといっても、経験の浅いエンジニアが自社サービスの開発を担当できるほどの実力を身につけるには、時間がかかるのではありませんか。

 短期間に育成できる仕組みをつくったことで、その問題はクリアしました。具体的には、当社の中核事業であるSESを、人材育成の場として活用したのです。 まず、エンジニアのキャリアアップの希望をヒアリング。「これからこんなスキルを身につけていきたい」という要望を受けて、そうしたスキルが身につくプロジェクトにアサインする。つまり、SESで利益を上げるとともに、同時に人を育てていったんです。

ちょっと待ってください。SESでは、プロジェクトのなかで必要とされるスキルを「すでにもっている」エンジニアをアサインするのが普通ではないでしょうか。

その通りです。でも、私たちのやり方は違います。まず、私たちはシステムの発注者から直接、開発プロジェクトを受注することはしていません。元請けになってしまうと、発注者さんに対して「実力をすでにもっているエンジニア」をあてる責任が生じてしまう。エンジニアのスキルアップの要望にこたえるアサインがやりにくくなるので、あえて二次請けに徹しているんです。

元請け会社が工程ごとに「実力をすでにもっているエンジニア」をあてる。そのエンジニアの指揮のもと、「手足になって動いてくれるエンジニアを派遣してほしい」と、私たち二次請けにリクエストが来ます。つまり、ハイスキルのエンジニアの下について、実力を養うチャンスがある。いま、IT業界は活況を呈していて、「エンジニアがいくらいても足りない」という状況です。意欲をもって働いてくれるエンジニアであれば、スキルが不足していても、大歓迎して受け入れてもらえる状況なんです。

しかも、当社は約2,500社の元請け会社さんと取引がある。多くのプロジェクトのなかから、エンジニアが希望するスキルを身につけられるプロジェクトを選んで受注し、アサインできる。「“希望通りのスキルが身につく”と思ってこのプロジェクトへの派遣を承諾したが、いざ業務が始まってみると期待外れだった」というとき、二次請けという比較的自由な立場にあるがゆえに、引き上げてしまうことも可能。それも「CLOCK・ITは、やる気のあるエンジニアを派遣してくれる」という信頼を、2,500社の元請け会社さんからかちとっているからこそ、できることです。

経験の浅い人の才能を開花させてみせる

なるほど。とはいえ、ある領域のスキルはすでにもっているが、「別の領域のスキルを身につけたい」と希望しているエンジニアがいたとき、すでに身についているスキルが必要とされるプロジェクトにアサインしたほうが、SES事業の利益は大きくなるのではありませんか。

 ええ、その通りです。ですが、「すでに身についているスキルを発揮できるが、新しいことはなにも学べない」という状況では、その人のキャリアプランや夢へのステップにならないし、モチベーションも下がる。成長は期待できません。それよりも、長いレンジで見て、希望にそった仕事をしてもらい、実力を身につけたあとでプロジェクトの中核を担える活躍をしてもらったほうがいい。そのほうが、中長期的には会社としてのメリットが大きくなりますから。

エンジニア個人のキャリア戦略、SESの事業戦略、そしてCLOCK・ITの企業としての成長戦略の 3 つを合致させる、ユニークな方法論ですね。では、未経験だったり、経験が浅かったりして、「キャリア目標がまだ見つからないので、どんなスキルを身につけたらいいかわからない」という人材には、どう対応していますか。

 面談の機会をもうけ、徹底的に話しあいながら、まず身につけるべきスキルを見いだしていきます。面談は私自身が行うことも。というのも、私は人材ビジネスの出身。多くのエンジニアのキャリアコンサルティングにあずかってきました。人の潜在能力を見抜き、いちばんチカラを発揮できる仕事に就いてもらうことについては、豊富なキャリアとノウハウをもっています。むしろ、「未経験や経験の浅い人ほどCLOCK・ITで才能を開花させられる」という自信があります。

AIにはできないことをやろう

会社としての人材力が高まった、将来のビジョンを聞かせてください。

 大前提として、「いま、世の中にないものをつくる」「社会の役に立つものをつくる」ということがあります。社会貢献度の高い仕事をしながら、ビジネスとしてもしっかりとした利益を上げていく。それがCLOCK・ITのめざすもの。すでに世に送り出した『Freebace』や『mamacoco』を、より市場に浸透させるための改良や、さらなる新規サービスの企画など、動き出しているものがあるので、期待していてください。

では最後に、キャリアアップへの意欲の高いエンジニアにメッセージをお願いします。

いま、世の中はめまぐるしく変わっています。とくにエンジニアの仕事の面で大きいのは、AIが社会のいたるところに浸透していること。いまは、エンジニアの人手不足が当たり前になっていますが、もうすぐ当たり前でなくなってきますよ。

そういう時代にあって生き残っていけるのは、「人にしかできないこと」をするエンジニア。単純作業や定型の仕事をこなすのであれば、AIは人よりはるかにすぐれています。その一方、「いまないもの」をつくりあげていくこと、ゼロからイチを生み出すことはAIにはできません。AIがインプットできるのは「いまあるもの」だけだからです。

たとえば、「少子高齢化が進行し、2050年に日本の人口ピラミッドは完全な逆三角形型になる」。こういう予測をやらせたら、AIはじつに精緻にやってくれる。でも、「では、その2050年にビジネスとして成功できる新たなサービスを考案せよ」といわれても、あっと驚くような回答は出せない。それを考えられるのは人間だけなのです。

想像力と創造力を駆使しながら時代を読み、「新しい価値やサービスを生み出していきたい」と考えているエンジニアと一緒に、CLOCK・ITという会社を発展させていきたいですね。

SHARE

エントリーする

募集要項を確認の上、ご応募下さい。

ENTRY

求人情報・募集職種

一覧を見る
  1. Top
  2. 会社を知る
  3. 思いのままに技術スキルを磨き、 世界があっと驚く事業をつくろう