PAGE TOP

誰もが知るWebサービスをつくる。 そのために私はこの会社に来た

WORK

PROFILE

上甲晋資
所属:システムインテグレーション事業部 チーフ
入社:2017年/中途
出身:愛媛県/九州大学 工学部
趣味:ダーツ

多くのエンジニアが注目しているWebサイト『Freebace』。フリーランスエンジニアが仕事を探せるサイトだ。じつはこのWebサービス立ち上げの中核を担ったのは、まだ20代のエンジニアだった。上甲晋資。しかも「Webサービスに携わった経験はなかった」という。そんな彼に、なぜ大仕事ができたのか。入社から現在にいたるまでの軌跡を追った。

エンジニアに新たな収入源を

『Freebace』は、私にとって初めて、サービスの企画段階から開発・運営まで、トータルに携われる仕事でした。それとともに、CLOCK・ITにとっても自社サービスの第一号だったんです。そのため、まさに手探りでプロジェクトを進行。世の中にリリースするまでは、試行錯誤の繰り返しでした。

プロジェクトのなかで、「自分が大きく貢献できた」と思えた仕事といえば…。そうですね、開発作業に入る前に、「どんな技術を使い、どんな進め方をするか」を選択したこと。『Freebace』を手始めとして、CLOCK・ITは今後、第二・第三の自社サービスを世に送り出していくはず。ならば、『Freebace』で適用する技術や進め方が、今後のプロジェクトのひながたになる必要がある。このプロジェクトで習得した技術、身につけた進め方を次のプロジェクトに活かし、後輩エンジニアに伝えていく。それをイメージしながら、「今後、世の中に広まっていくのはどれか」「社内の人材の能力を最大限に活かせるのはどれか」といった観点で技術をチョイスしていきました。会社の未来を左右する大きな仕事をまかせてもらえて、とてもやりがいを感じましたね。

また、大きな学びになったのは、『Freebace』を魅力的なものにするためのサービス設計の議論です。エンジニアと仕事のマッチングサイトは、すでにいくつかありました。後発の私たちとしては、ほかではやっていない「『Freebace』だからこそ」というものをつくっていくことが求められたんです。経営陣も含め、みんなで徹底的に議論し、意見をぶつけ合いました。

そのなかで、私の意見が反映されたものに、サイトのインターフェイスのデザインがあります。既存のマッチングサイトは寒色系やモノトーンで、無機質なデザインのものが多かった。「エンジニアは理系だから、こういうのが好きだろう」というような。でも、エンジニアだって、インターフェイスのデザインの好みは平均と大きく違わないのでは、と。明るいテイストのほうが前向きな気持ちで仕事を探せるはず。親しみを感じてもらえるように、明るいデザインにしました。

 また、機能としては、友達紹介制度を導入しました。これは、ユーザーが知り合いのエンジニアに『Freebace』を紹介してくれたときに、紹介料を支払うもの。私たちの観点からは、サイトの利用者数を増やす意味あいがあります。一方で、「ユーザーであるエンジニアに新たな収入源を提供したい」という想いもありました。優秀なエンジニアがもつ「人脈」という資産を、収入にかえられるサービスとして、この制度を活用してもらえたら、と。だから、紹介料は既存のサイトの同様な制度よりも高めに設定しています。“エンジニアの気持ちがわかる”会社、CLOCK・ITならではの制度だと自負しています。

手習いに社内向けWebをつくってみた

CLOCK・ITに入る前は、大手SIerで業務系のシステム開発を担当していました。仕事自体は決して嫌いではなかったのですが、どこか、ものたりなさも感じていました。というのも、もともと「Web系の仕事、それも日本中の誰もが知っているようなWebサイトやサービスを自分の手でつくりあげたい」という夢があったからです。Web系の知識、スキルはほとんどなく、でも前職ではそれを身につけるチャンスがない。そこで転職を考えたのです。

CLOCK・ITは、長い目で人を育ててくれる。そう思って、この会社を選びました。入社後、「まずはCLOCK・ITの仕事のやり方に慣れてもらう」ということで、経験のある業務系のシステム開発のプロジェクトに配属。ところが、ひと通り、ここでの仕事の進め方に慣れたころ、私が希望していたWeb系のプロジェクトに異動になったのです。これには驚きました。Web系は未経験なので、おそらくこの配置転換によって、私というエンジニアが生み出す会社の売上は、かなり減ってしまったのではないでしょうか。でも、それよりも私のキャリアアップの希望を最優先してくれたんです。

そんな会社の応援がうれしくて、スキルアップに熱が入り、専門書を買ってWeb系の勉強もしました。技術専門書は価格が高いのですが、会社が費用を出してくれたので問題ありませんでしたね。それにくわえて、セミナーへの参加費用も会社負担。「気にしなくていいから、必要なものがあったらなんでもいってね」と経営陣から声をかけてもらい、とても心強かった。

さらに、手習いという意味あいで、社内向けのWebサービスをつくってみたり。たとえば、勤怠管理システムや、エンジニアの朝活を推進するためのWebサイト。「朝活のサイトならSNSと連動させたほうがいいね」などと、経営陣や先輩からたくさん意見をもらえて、どんどんブラッシュアップできた。そうしたサポートのおかげで、入社から1年後には、Webの仕事に手ごたえと自信をもてるようになっていきました。

「IT企業といえばCLOCK・IT」という存在に

「失敗しようがどうしようが、とにかくやってみよう」「ダメだったら、またやり直せばいいじゃないか」という、CLOCK・ITの企業風土。それが自分にあっていたからこそ、短期間で自社サービスのプロジェクトに携われるまでに、成長できたのだと思います。
これからの目標としては、『Freebace』をさらによいサイトにしていくこと。そのうえで、お客さまと打ち合わせをしたり、要件定義をしたりする上流から、テストや運用などの下流まで、すべての工程がわかるエンジニアになりたいですね。近々の目標としては、プレイングマネージャーになること。自分自身プレイヤーとして活発に動きながら、スタッフをしっかりマネジメントして、人材育成にも力を入れていきたいですね。

その次のステップとしては、新しい事業を開発し、事業全体を統括し、運営できるようになること。テーマとしていま、興味があるのは、エンジニアの人材教育や人材育成になるサービス。IT業界全体として、エンジニアはいま、大変な人手不足。優秀な人材の育成が急務です。ですから、業界全体のことも考えながら、一人ひとりのエンジニアが成長できるサービスや事業をつくりたい。
そういう社会貢献度の高いサービスを生み出すことは、結果的にCLOCK・ITの知名度やブランド力を高めることになります。どんな業界にも、「この業界ならこの会社だ」と、代表的な企業名が思い浮かぶもの。「IT系ならCLOCK・ITだよね」「CLOCK・ITには優秀なエンジニアがそろっている」「CLOCK・IT出身のエンジニアなら仕事をまかせても安心だ」。そんな評判をかちとれたら、最高です。

SHARE

エントリーする

募集要項を確認の上、ご応募下さい。

ENTRY

求人情報・募集職種

一覧を見る
  1. Top
  2. 仕事を知る
  3. 誰もが知るWebサービスをつくる。 そのために私はこの会社に来た