PAGE TOP

いちどはあきらめた技術者への夢。CLOCK・ITでかなえてみせる

WORK

PROFILE

鈴木 孝裕
所属:社内エンジニア
入社年:2018年/中途
出身:神奈川県/駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部
趣味:サッカー・スキー

学生時代にあこがれた、エンジニアという職業。だが、社会人の現実は甘くなかった。新卒入社した前職で営業の仕事を与えられ、「もうムリだろう、と思っていました」と語る鈴木孝裕。しかし、夢よ、もういちど。未経験者を一人前のエンジニアに育ててくれるCLOCK・ITの存在を知り、入社した。これは、夢を追いかけるひとりの若者の再スタートの物語だ。

未経験者の提案に耳をかたむけてくれる

私はエンジニアとしての経験がありません。にもかかわらず、あるエステサロン予約情報サイトの改修プロジェクトに参画させてもらっています。具体的な仕事は、予約の受付・管理のためのシステムや、クーポン発行など顧客を増やすためのシステムを改良し、管理画面をリニューアルしていくこと。

未経験者だからといって、仕事を引き受けた以上、プロとしての責任を負っていることに変わりはありません。私が任されているのは、たくさんの人に使ってもらうサイトですから、とりわけ責任重大。納期をしっかり守るのは当たり前のこと。ですから、もらった予定表を追っていくだけでなく、自分のなかでより細かい作業計画をしっかり立てて、優先順位を決め、着実に一つひとつ仕事を進めています。

心がけているのは、チーム内でのコミュニケーションを密にすること。たとえば、仕様書をもらって、Webサイトの改修作業をするとき。仕様書の記載だけではわからないこともあります。わからないこと、疑問点があれば、すぐに担当者にヒアリングするなどして解決するようにしています。

また、仕様書に書いてあることをうのみにせず、「本当にこれで正解なのだろうか。もっとほかによい方法があるのではないか」とつねに自分に問いかけるようにしています。エンジニアとしての経験は浅いですが、システムを使う側の気持ちになることは可能。そして、エンドユーザー目線で「できるだけ使い勝手のよいものをつくりたい」という想いは強い。ですから、よりよいと思えるアイデアがあれば、先輩エンジニアに相談したうえで、提案することもあります。

ありがたいのは、先輩たちがキャリアや立場などに関係なく、真摯に私の話を聞き、意見を取り入れてくれること。その結果、「ユーザーがWebサイトを訪問してアクションを起こしたときのデータの流れをどうするか」について、私なりに提案したものが採用されたこともあります。未経験者が提案して、それを経験豊富な先輩エンジニアが受け入れてくれる。こんな風土の会社はそうそうないと思います。このフラットな社風が私の成長をあとおししてくれています。

また、経験豊富なエンジニアがたくさん在籍していること自体、成長できる要因になります。先輩方の仕事を見るだけで勉強になりますから。同じような機能を実装するためのプログラミングでも、人によってコードの書き方が違う。個性があっておもしろいんですよ。「ああ、こういう方法があるのか」「これはいい。次は自分も取り入れよう」と、毎日、刺激を受けています。

ここで成長できなきゃどこに行ってもダメ

CLOCK・ITは私にとって2社目の勤務先。じつは1社目の会社へエンジニア志望で入社したのですが、会社の事情で営業に回されてしまったんです。「社会人とは、こういうふうに自分の希望通りにはならないものなんだろう」。そう自分に言い聞かせ、「営業としてできるだけのことをやろう」とアタマを切り替えました。そして懸命に仕事に取り組んだ。ですが、「ホントはエンジニアになりたかったのにな…」という想いが胸に去来してしまう。「こんな想いを抱えたまま営業を続けても、なにもいいことはない」。そう考えて、エンジニアになるべく、転職を決意したのです。

とはいうものの、自分にはエンジニアとしての経験はもちろん、知識やスキルもない。そんな自分を採用してくれる企業があるのだろうか。本当に自分はゼロからエンジニアとしてのキャリアをつかむことができるのだろうか…。とても不安に駆られるなかでの転職活動でした。

そんな私の不安を吹き飛ばしてくれたのがCLOCK・IT。採用面接のとき、エンジニアの先輩社員が「未経験であっても必ず育てます。応援します!」と。人をしっかり育てようとする熱意を感じました。同時に、経営陣や社員のみなさんの人柄のよさも伝わって来た。「ここで成長できなきゃ、自分がエンジニアに向いていなかっただけだ。入社して、悔いのないように思いっきりやってやろう」と心が熱くなったのをおぼえています。

入社してもその気持ちは変わっていません。面接での約束以上にエンジニアの先輩たちが私を熱心にサポートしてくれています。1日の仕事の終わりには、その日の振り返りを先輩と一緒に行い、「いまのあなたに足りない技術はこれ。だから、明日からはこの技術をこうやって伸ばしていこう」と、的確で具体的なアドバイスをしてくれています。

また、技術的なことだけでなく、お客さまとの対応の仕方についても学ぶことが多い。たとえば、あるお客さまから「こういうことはできませんか?」と聞かれたとき、私が「できません」と答えてしまったことがあるんです。その場に同席してくれていた先輩から、あとで「『できません』といってしまったら、そこで話は終わってしまうよ。それより、『いったん社内にもち帰らせてください。検討して、可能性を探ってみます』といってみてはどうだろう」とアドバイスをもらいました。そうやって、エンジニアとしてだけでなく、社会人としての振る舞いについても教えてもらえ、日々、成長を実感しています。

モノづくりへの情熱がよみがえった

CLOCK・ITに入ってから、モノづくり対する熱い気持ちがよみがえってきた。そんな実感があります。私がエンジニアという職を志した原点は、大学のゼミ時代の経験。情報データベースの研究をしていて、さまざまなITに触れていました。「この技術を使えばあんなことができる。こんなものもつくれるかもしれない」とアレコレ考えるのが好きでした。そのときの、とてもワクワクした気持ちをいま、仕事のなかで感じているんです。

そして、「よし、この技術を身につけたら、こんなものをつくってみたい。こんなプロジェクトに参画したい」という目標が見えてきました。「自分自身が納得いくものをつくりあげていきたい」「お客さまの課題をつかみ、最適な提案ができるエンジニアになりたい」という想いも強まっています。

こうした目標を実現し、想いをかなえるためには、まずはエンジニア、プレイヤーとして一人前になること。もっとインターフェイス関連の勉強をして伸ばしていきたいし、設計をしてみたい。ネットワークやサーバなどのインフラ系の知識、スキルも身につけていきたい。

私がそんな“大きなビジョン”をもてるのは、まわりの人の影響が大きいですね。「そうそう、こんなのつくってみたんだけど、見てくれるかな」「この新しい技術、おもしろそうだね。こんど勉強会をやろうよ」という会話が日常的に、自然にとびかっている。私だって「こうしちゃいられない」という気持ちになります。

「エンジニアになって、自分の心がワクワクするものをつくりたい」。学生のころからの私の夢、いちどはあきらめた夢を、かなえる日が近づいています。

SHARE

エントリーする

募集要項を確認の上、ご応募下さい。

ENTRY

求人情報・募集職種

一覧を見る
  1. Top
  2. 仕事を知る
  3. いちどはあきらめた技術者への夢。CLOCK・ITでかなえてみせる