PAGE TOP

デザインと技術を融合させモノづくりの楽しさを味わいつくす

WORK

PROFILE

神里 亜弥
所属:システムインテグレーション事業部
入社年:2017年/中途
出身:沖縄県/東京電機大学 未来科学部
趣味:ドラマ鑑賞・ゲーム

「機能を高めるのは当然として、見た目もより美しく」。それが、神里亜弥のこだわりだ。エンジニアとしてシステム構築に携わるとき、インターフェイスのデザイン性を向上させることに努めている。より“使われる IT”になり、お客さまからの評価はきわめて高い。神里が独自のこだわりを存分に発揮できるのは、CLOCK・ITの企業風土があればこそだという。その自由な風土のリアルを、神里に話してもらった。

時間を忘れて続く熱い議論

「エンドユーザーの目をひきつけるためには、どんなインターフェイスのデザインにすればいいか」「スマートフォンの特徴を活かした画面表現として、どういうものが最適か」。CLOCK・ITのメンバーは、チームで顧客先に常駐している場合でも、社内で仕事をしている場合でも、時間を忘れて熱く議論することが多いですね。ほかの会社だったら、「それって、デザイナーの領分じゃない?」。そんなツッコミが誰かから入って議論終了、かもしれません。でも、CLOCK・ITは「立場」とか「職掌」とか「専門領域」とか、そういうわくを超えて、自由に議論する企業風土があるんです。

根底には、「お客さまのためになることをしたい」という意識があります。「どうすればお客さまに喜んでもらえるだろう」「お客さまに新しい価値を提供したい」「お客さまが気づいていない問題点を改善するため、どんどん提案していこう」。メンバー全員がそんな意識をもっています。だから、議論が活発になる。というか、議論が終わらなくなるんです(笑)。

そんなCLOCK・ITの企業風土が、いまの私を突き動かしている。そんな気がしています。いま顧客先へ常駐するカタチで参画しているプロジェクトで、積極的に改善提案をしたり、自分が納得いくまでとことん改良に取り組んでいるのも、CLOCK・ITのメンバーとしてのマインドが私に根づいているからでしょう。

お客さまからの要求が高いほど燃える

いま私は、知名度の高いアパレルメーカーのECサイトの開発・運用に取り組んでいます。そのなかで、とくにこだわっているのは、見た目の美しさ・心地よさ。デザイナーさんが提案している画面デザインの意図をしっかりくみ取り、反映させていく。そのうえで、お客さまへプラスアルファの提案をするように努めています。

余白のとりかたひとつ、ボタンの色ひとつで、見る人の印象やリズムがガラリと違ってきますから。さらに、Webページでは、アニメーションなど動きのあるものもつくれます。いま流行っている動き、Webサイトを見る人にとって気持ちのいい動き、商品のブランドイメージをさらに高められるような動きを、最初にもらったデザイナーさんの案に付加価値をつける提案をして、つくり上げていきます。

たとえば、季節ごとの洋服の最新アイテムを紹介する特集ページを担当したとき。洋服のデザイン性をできるだけ引き立て、表現としても豊かなものになるような提案をして、お客さまに採用されました。

正直、クリエイティブや機能面での要求が高かったり、納期が少し厳しい案件もあります。でも、そういう案件ほど燃える。可能な限り、お客さまやデザイナーさんの要求以上のものを返していきたい。「プロとしてそうありたい」というのはもちろん、もともと「どうやったらつくれるのだろう」「こうすればうまくいくかもしれない」とあれこれ考え、チャレンジしていくことが大好きなんです。だから、「どんなWebサイトをつくりあげていこうか」と考え出したら、とまらなくなるんです。

たとえば、もらった静止画のデザイン案をじっと見ているうち、私の頭のなかでアイデアがわき出てきて、静止画が動きだし、Webページの完成イメージができ上がっていく。そんなこともあります。その時間が本当に楽しい。だから、要求が高ければ高いほど、難しければ難しいほど「よし、やってやろう!」という気持ちになり、技術者魂に火がつくんです。

とくに「これ、ちょっと難しいお願いなんですが、神里さんなら、なんとかしてくれんじゃないかと思ったんです」などとお客さまから頼ってもらったりすると、技術者みょうりにつきますね。そうして完成したものが、「期待以上のできです。ありがとうございます」と高く評価してもらえる。その瞬間は、仕事の苦労が吹き飛びますし、これほどうれしいことはありません。

初回の採用面接から経営陣が出てきた

大学ではITとともにデザインを学んでいました。両方を活かせるいまの仕事にはとても充実感があります。でも、満足はしていません。もっとよいWebサイトをつくれるようになりたい。そのために、すぐれたサイトをできるだけたくさん見るなどして、つねに自分の感性を磨き、「どんな技術が使われているか」「どんなつくり方をしているのか」といった点を研究。そうして吸収したことを活かし、すぐにお客さまに提案するようにしています。

昔からそんなふうに積極的だったわけではありません。私が付加価値をつけた提案をお客さまにしたり、あれこれ創意工夫をしながらWebサイトの制作に携わるようになったのは、CLOCK・ITに入ってからなんです。

CLOCK・ITは私にとって2社目の勤務先。前の会社ではWebサイトの運用業務をしていました。仕事はそれなりに充実していたんですが、「エンジニアとしてもっと成長したい」「オリジナリティのあるものを自分の手でつくってみたい」という気持ちがわき起こり、転職を意識するように。そんなときに出会ったのがCLOCK・ITでした。

最初の面接から経営陣が出てきてくれ、「ウチは1年後、5年後、10年後はこういう会社にしていくつもりでいるんだ」と熱心に説明してくれたことに感動しました。そして「CLOCK・ITという会社のなかで自分はこうしていきたい」「こういうキャリアを描いていける」ということが明確に見えたんです。トップと社員がビジョンを共有でき、一体感があるところは、まだ若く、成長段階にある会社で働くことの大きな醍醐味であり、特権だと思います。

入社後は、幅広く、さまざまな案件にかかわることができています。自社開発のWebサービス『Freebace』のプロジェクトにかかわらせてもらいましたし、アパレルメーカーのECサイト以外のWebサイトの仕事も携わらせてもらいました。その結果、自分でも驚くほどスキルや知識を身につけることができ、それが自信にもつながっています。

今後の目標は、さらにスキルに磨きをかけていくこと。Web系のシステムは、デザインの見せかたひとつとっても新たな技術が次々と出てきます。だから、それをしっかりキャッチアップしていきたい。そして、エンジニアとしてはもちろん、デザイン的にすぐれたものをつくっていきたい。それからお客さまへの提案力も高めていきたい。

私は仕事が趣味みたいなところがあって、休日にも個人でWebサイトをつくってしまうほど。そんな私にとって、どん欲に技術を吸収でき、手をあげれば新しいことにどんどんチャレンジさせてもらえるCLOCK・ITは最高の環境。この環境、チャンスを活かし、モノづくりの楽しさをたっぷり味わいながら、新しい分野に果敢に挑み、クオリティの高い、クリエイティブな仕事ができる人材に成長していきたいですね。

SHARE

エントリーする

募集要項を確認の上、ご応募下さい。

ENTRY

求人情報・募集職種

一覧を見る
  1. Top
  2. 仕事を知る
  3. デザインと技術を融合させモノづくりの楽しさを味わいつくす