Crane&I
Crane&Iを知る

【エンジニア】入社直後に経営会議へ参加。社員教育の責任者に抜てきされた

Crane&Iを知るCrane&I
PROFILE

高橋 基(エンジニア)
◆入社年:2019年/中途
◆出身:北海道/北海道情報大学大学院
◆趣味:キャンプ・スキー

ある官公庁の大規模システム開発の取りまとめ役を担う高橋基。Crane&Iで働く醍醐味は、社員の声がストレートにトップに届き、社員一人ひとりが会社づくりに参加できることにあると語る。

創業期の会社で働く“特権”を実感

「それはいいですね。わかりました。やりましょう!」。

あのとき、会社の小さなミーティングルームで、社長の遠藤が発した言葉。いまでも鮮明におぼえています。私自身が提案したことを採用してもらったにもかかわらず、「信じられない」という想いでいっぱいでした。

それは、入社して間もないころ。社長以下、役員クラスが集まり、来期以降の経営方針について話しあう会議に参加させてもらったのです。エンジニアとしての経験は豊富なほうだという自負はありましたが、マネジメントの経験は多くありません。「こんな会議の場に、自分がいていいのか」と居心地が悪かったですね。しかも、「会社づくりで思っていること、感じていることを、なんでも率直に話してほしい」と意見を求められたんです。

パッと頭に浮かんだのは、人材教育を充実させること。というのも、Crane&Iはまだ歴史の浅い会社です。そのわりには、これまで遠藤をはじめ経験のあるメンバーが実践的で効果が高い教育を提供していて、人財育成で一定の成果をあげていました。それを一歩進めて、体系的な教育カリキュラムを用いて、仕組みとして教育していく必要があると思ったんです。

経営陣の集まる会議の場で、いちエンジニアで、しかも入社したばかりの私が、差し出がましい発言をしていいのか。しかし、遠藤も幹部メンバーも、当たり前のことのように私の意見を求めてくる。あまりにもさりげなかったので、思わずいってしまいました。「社員教育を専門におこなう部署を立ち上げたい。私が専任になりたい」と。そうしたら、遠藤から返ってきた言葉が「やりましょう!」だったのです。

Crane&Iに入社する前、私が働いていた会社もIT企業。特別、上下関係に厳しい社風ではなかったと思います。それでも、入社直後の社員を経営会議に参加させ、会社の将来を左右するような重要な提案を受け入れ、その責任者に抜てきするようなことは、前の会社では考えられないですね。

私だけでなく、多くのメンバーが似たような経験をしていると思います。社員一人ひとりの声がトップにダイレクトに届く。それは、遠藤が「みんなで会社をつくっていこう」というスタンスをとり続けていることが、大きく影響しているでしょう。トップと社員との関係性がとても近いので、プレッシャーを感じず、雑談に近いカタチで気軽になんでもいえますし、浮かんだアイデアを気がねなく話すことができるんです。

そしてそのアイデアが採用され、すぐに動き出す。だから、「自分も会社の重要なメンバーのひとりだ」と誰もが思える。それは、まだ創業期と呼べる段階にあるCrane&Iで働く特権でしょうね。

官公庁の基幹システム開発の“アンカーマン”

現在、エンジニアとして携わっているのは、ある官公庁のシステム開発。数百名のエンジニアがいる大規模なプロジェクトです。Crane&Iからは私を含め、5名が参画しています。

システム開発はチームにわかれて進んでいます。そのなかで、私がまかされているのがシステム開発の総仕上げの部分。「求められているクオリティをクリアしているか?」「すべての機能を満たしているか?」「不具合はないか?」といったことをリリース前にしっかりチェック。スケジュールが遅れているチームがあれば、自ら手を動かして手伝います。「国の基幹システムを支えているんだ」という責任感と充実感をたっぷりと味わえる仕事です。

それにくわえて、おおぜいのエンジニアと一緒に仕事ができ、刺激を受けられるのも魅力。私は前職もIT企業に勤めていましたが、自社内で開発から販売まですべておこなうスタイルの会社でした。他社の人たちと触れあう機会はあまりありませんでした。その点、Crane&Iは、自分とは違ったスキルやノウハウをもった他社のエンジニアと一緒に、ひとつのシステムを作り上げていける。私自身がさらに一段上のエンジニアへとステップアップするのにおおいに役立っています。

私は、学生時代からネットワーク技術を中心に情報系の学部で学び、新卒でIT関連の会社を選びました。ただ、エンジニアとして入社したものの、会社の規模が小さいこともあり、営業もすれば、システム開発もし、経理以外のすべての業務をまかされていました。学生時代にイメージしていた仕事とは少し違っていたので、最初は戸惑いもしました。でも、営業の経験があるからこそ、エンジニアとして働いているときでも、営業担当の気持ちが理解できますし、お客さまのニーズを考えながら、多角的な視点でひとつの仕事を見ることができるようになりました。だから、いま、振り返ってみると「自分の成長のためによい経験ができたな」と感謝の気持ちでいっぱいです。

前職で働いたのは4年間。経験を積みながら、多面的なスキルや知識を身につけ、「IT業界ならエンジニアでも、営業でもできるぞ」と自信が深まったころ、「さらにキャリアップしたい。システム開発だけでなく、ひとりのビジネスパーソンとして手ごたえのある仕事がしたい」と、新たな道を模索し始めました。そんなときに知ったのがCrane&Iでした。転職先としてCrane&Iを選んだのは、なんといっても、伸びざかりの若い会社であること。そして、ひとつの分野だけでなく、様々な案件に携われることでした。

一生、学べて活躍できる教育環境を構築

いまは官公庁のシステム開発に携わりながら、社内の教育専門部署の立ち上げの準備をしているところ。教育専門部署が正式に発足したあとは、人材育成をメインの仕事としてやっていくことになるでしょう。

人を育てるのは一朝一夕にはいきません。じっくりと時間をかける必要があります。ですから、まずは一人ひとりの社員と話し、その人を知ることから始めてきたい。「どんなタイプのエンジニアになりたいのか」「どんなふうにキャリアアップしていきたいのか」「どんな働き方をしたいのか」といったことについてじっくりと話を聞きたい。

部署で提供する研修の内容としては、エンジニアとしての基礎力やこれからの時代に必要となる技術のほか、リーダーに必要なマネジメント力や心がまえ、コーチングなど階層別に必要となるスキルや知識を学べるカリキュラムを導入することを考えています。また、エンジニアが営業のスキルや考え方などを学ぶことも、決してムダなことではないので、そんなカリキュラムも検討しています。そうすることでお客さまへの提案力であったり、新しい仕事を自分でつくっていける力を身につけることができます。

人生100年時代です。さまざまなスキル、ノウハウを身につけることで50代、60代になっても活躍できる実力を養ってほしい。向上心さえあれば、つねに成長でき、活躍できる環境づくりをしていきたいと思っています。そして、Crane&Iオリジナルの教育メソッドを自社のみならず、外部の会社にも発信していきたい。それは、人材教育ビジネスとして当社の事業の柱になるはずです。

これからCrane&Iに入ってくれる人たちは、「Crane&Iという会社を利用して、どうやって自分の夢や希望を実現させていくか」というスタンスをもっていてほしい。たとえば、未経験で入社するなら、「まずはしっかりエンジニアとしての土台を築きたい」というのももちろんですし、「ステップアップして給与をたくさんもらいたい」というのでもいい。自分でやりたいことがあれば、新事業を提案することもできるし、会社の中核として会社づくりに参画するのもいい。

とくにCrane&Iは、いま、会社づくりにみんなが参加できるステージにあります。これはいまのCrane&Iだからこそ味わえるもの。それを体感しないのはもったいないですからね。

SHARE

READ MOREもっとCrane&Iを知る

【TOPインタビュー】「エンジニア教育で日本一」そういわれる企業を...
MORE
続きを読む
【創業ストーリー】“恩返し”を掲げるITベンチャー「Crane&a...
MORE
続きを読む
【エンジニア】エンジニア出身の経営幹部候補が社員の幸福度の最大化をめざす
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報・募集職種

2021新卒採用 - 5期連続成長企業の人事職
  • ALL
  • 新卒採用
MORE
続きを読む
2021新卒採用 - 年収1000万も目指せる営業職
  • 新卒採用
  • ALL
MORE
続きを読む
経験者限定のサーバ・インフラエンジニア(正社員)
  • ALL
  • エンジニア職
MORE
続きを読む
未経験OKのサーバ・インフラエンジニア(正社員)
  • ALL
  • エンジニア職
MORE
続きを読む

ENTRYエントリーする

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. Crane&Iを知る
  3. 【エンジニア】入社直後に経営会議へ参加。社員教育の責任者に抜てきされた