Crane&I
Crane&Iを知る

【新卒営業対談】社会人1年目からIT企業で活躍できる理由

Crane&Iを知るCrane&I
PROFILE

■左:田中 千怜(営業部/2021年新卒入社)
■右:増田 貴則(営業部/2021年新卒入社)

2021年4月にCrane&Iへ新卒入社した田中千怜と増田貴則。
営業部に所属し、個々のエンジニアが実力を発揮できるプロジェクトを見つけるべく、日々、奔走している。
じつはふたりともITとは全く異なる学問を専攻してきた。
それにもかかわらず、ITベンチャーで1年目から活躍できるのは、「Crane&Iの研修制度や先輩によるフォロー体制のおかげ」という。
そこで今回はふたりの対談を企画。Crane&Iの人財育成の仕組みや企業風土などについて存分に語り合ってもらった。

私たちがCrane&Iを選んだ理由

早いもので、ふたりがCrane&Iに入社してもうすぐ半年。同期どうし、思っていることをざっくばらんに話してください。それでは、まずいま携わっている業務について、説明をお願いします。

増田 かしこまりました。ふたりとも営業部に所属しています。ITのプロジェクトを推進しているお客さまのもとで働く、最適なエンジニアさんをご紹介する、SESと呼ばれる事業の営業です。
6月に配属されたばかりで私自身まだまだ至らぬところが多いのですが、 田中さんは配属後すぐに成約をあげたので、同期ながら「スゴイなあ」って思っています。

田中 いやいや、増田君だってすぐ後に成約をあげているし、成績は変わんないよ。ただ、業務内容は同じでも、お互いに性格が違うので、仕事の進め方に個性は出ているかなと思います。増田君の場合は、もちまえの明るさと関西人ならではのコミュニケーション力を活かして、お客さまとすぐに打ち解けてテンポよく仕事を進めているので、雰囲気づくりのうまさにいつも感心しています。営業向きだなって。

そんなふたりが、Crane&IというIT企業に就職しようと思ったいきさつを教えてください。

増田 面接の雰囲気がよく、ここでなら楽しく働けると感じたからです。私の場合、 なにをするかではなく、誰と働くかを一番重視して就職活動を行っていました。最終面接で代表の遠藤と1対1で話す機会があったのですが、とてもフランクに話しかけてくれて、この人がトップの会社で働くのは楽しそうだなと思いCrane&Iに決めました。それと、就活している時からずっとベンチャー企業がいいと思っていましたね。

田中 それはどうして?

増田 大企業よりベンチャーの方が社員同士の距離が近いし、仕事が進むスピードも格段に速いからかな。何より、若いうちから色んな仕事を任せてもらえてたくさん経験を積めるからが一番の理由かな。早くから色んな仕事をこなすことで、自分の力で会社を成長させていきたいし、自分自身も成長していきたいからね。

田中 すごいわかる。私も、就活しているとき主にベンチャー企業を見ていて、同じように若いうちから活躍したいなって思っていたのね。そこで色んな会社を調べていく中で、ここCrane&Iは女性で若手の営業の方がバリバリ働いているというのを知って、興味が湧いて応募したの。

増田 やっぱりそうだよね。特に僕らは新型コロナウイルスが就活に直撃した世代じゃん。将来がどうなっていくのか見通しがつかない中で、若いうちから成長できる・いち早くスキルを見つけられる環境で仕事できたら良いなって感じるようになるよね。

増田 他にCrane&Iに決めた理由とかはある?

田中 「感謝」「成長」「恩返し」という他社にはない企業理念に惹かれたからかな。

増田 と言うと?

田中 「感謝」「成長」「恩返し」っていう言葉は普段よく聞くけれど、実際に行えているかというとそれは別で、特に「恩返し」は全然できていなくて。だから、このCrane&Iに入って人間として「成長」してお世話になっている人に「感謝」と「恩返し」をしていきたいなと思って。

増田 ええこと言うなあ(笑)

入社後の教育と先輩のサポートが大きな支えに

なるほど。とはいえ、田中さんは大学では経済学を専攻。増田さんも農学部と聞いています。ふたりとも、入社時点では、ITのことにあまり詳しくなかったわけだから、不安はありませんでしたか。

増田 正直、楽しさと不安が半々ぐらいでしたね。未経験の分野かもしれないけれど「やってみるしかないやろ!」の精神で過ごしていたのですが、やっぱり「本当にできるんだろうか」みたいな不安は常にありましたね。でも、その不安はすぐ杞憂だとわかりました。Crane&Iは、「教育と福利厚生で日本一の会社」をめざしているだけあって、入社後の研修が充実していたからです。入社後の1ヵ月間で、IT業界で働くうえで必要となることを基礎からみっちり学べました。営業に配属されたあとも先輩が同行してくれて、営業の進め方、考え方を実践的に教えてくれました。

田中 私も同じで先輩の支援に助けられて、最初に感じた不安は消えていきました。営業部配属後1ヶ月目は、チームの先輩方が他社との打ち合わせに必ず同行してくださいました。先輩方も自分の業務で忙しい中にも毎回アドバイスや指導をしてくださり、私達も安心して仕事に取り組むことができました。

増田 すごい初歩的な話なのですが、営業部に配属された日にメールの設定をミスってしまって、すぐに返信しなきゃいけないメールを確認できなくなって困ってしまったことがあったんです。こんな初歩的なミスにもかかわらず、先輩方が丁寧に説明してくださって何とかトラブルは解決できました。今はミスしないように注意していますが、失敗したときに「どうしたら状況を改善できるか」を一緒に先輩方が考えてくれるので、先輩の存在が本当にありがたくて。いつもお世話になっております!

田中 確かにそうだね。Crane&Iの先輩たちは、後輩を指導するとき、決して感情に任せて声を荒げたり、アタマごなしに叱ったりすることはないんです。いつも私たちに寄りそいながら、的確なアドバイスをしてくれます。

増田 「失敗を恐れるよりまずは行動」というアドバイスもありました。「入社1年目は、わからないことばかりだしミスはつきもの。最初から全部完璧にできる人間なんていないから、「失敗上等!」ぐらいの気持ちでまずは何でも行動してみる。そうやって、行動していった先にはちゃんと結果があるから」と。今はこの言葉を信じて、何事にも果敢に挑戦しています。

田中 最初から「これは、こうしろ」と上からガチガチに命令されるのではなく、まずは自分の思った通りにやらせてくれる。そして、うまくいかない部分があったら、その原因や、どうやったらうまくいくかを一緒に考えてくれるんです。

先輩に限らず、職場の人間関係全般については、どう感じていますか。

増田 平均年齢が27歳と若く、私たちとも年齢が近いので、業務内容はもちろん雑談も気軽に話せる環境です。同期間も仲が良く、今はコロナで全然遊べてないですが、プライベートでもよく遊びに行きますね。全体的な人間関係として、「仕事でもなんでも楽しくやろう」というのがベースにあるので、良い環境で楽しく働けています。

田中 部署関係なく非常に仲がいい印象です!営業部内もわからないことがあればその場で先輩方に質問できる環境で、人間関係の悩みは全く無いです。

増田 確かに人間関係で悩んだことはないですね。そういう点は恵まれていると思います。

田中 うんうん。もしかすると、めずらしい会社なのかも。大学の友達とかの話聞いてても、会社や上司のグチをいう人が多かったからおどろきました。自分は今素晴らしい環境で働けているんだなって。

業界を牽引する営業を目指して

では、最後にそれぞれの目標を聞かせてください。

増田 まずは仕事を覚え、少しでも早く一人前の営業として活躍できるよう精進します!あと半年もしたら後輩も入ってきますし、それまでに後輩のお手本となれるような営業マンになりたいです。

田中 まだ入社して半年なので、私もまずは一人前になるところを目標に頑張ってまいります。ゆくゆくは、自分の強みを持った営業になって会社に貢献していきたいです!

増田 お互い社会人一年目だし、大変なこともこれからたくさんあるだろうけれど、お互い支えあって成長していこう!会社や業界を牽引できる営業を目指して頑張っていこう!

SHARE

READ MOREもっとCrane&Iを知る

【エンジニア】未経験の女性エンジニアが語る仕事の流儀
MORE
続きを読む
【創業ストーリー】“恩返し”を掲げるITベンチャー「Crane&a...
MORE
続きを読む
【YouTube】Crane&Iチャンネル開設中!!
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報

インフラエンジニア(2023新卒採用)
  • ALL
  • 新卒採用
MORE
続きを読む
ITコンサルティング営業(2023新卒採用)
  • ALL
  • 新卒採用
MORE
続きを読む
未経験から始めるインフラエンジニア
  • ALL
  • 中途/エンジニア
MORE
続きを読む
インフラエンジニア(AWS・Azureなど)
  • ALL
  • 中途/エンジニア
MORE
続きを読む

ENTRY応募する

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. Crane&Iを知る
  3. 【新卒営業対談】社会人1年目からIT企業で活躍できる理由