Crane&I
Crane&Iを知る

【新卒営業対談】理系ではない僕らが1年目からIT企業で活躍できる理由

Crane&Iを知るCrane&I
PROFILE

■左:石田 正和(営業部/2019年新卒入社)
■右:小澤 拓真(営業部/2019年新卒入社)

2019年4月にCrane&Iへ新卒入社した小澤拓真と石田正和。営業部に所属し、個々のエンジニアが実力を発揮できるプロジェクトを見つけるべく、日々、奔走している。じつはふたりとも、学生時代の専攻は文系。にもかかわらず、ITベンチャーで1年目から活躍できるのは、「Crane&Iの教育制度やベテランの先輩によるフォロー体制のおかげ」という。そこで今回はふたりの対談を企画。Crane&Iの人財育成の仕組みや企業風土などについて存分に語り合ってもらった。

会社を成長させることは、自分を成長させること

早いもので、ふたりがCrane&Iに入社してもうすぐ1年。同期どうし、思っていることをざっくばらんに話してください。それでは、まずいま携わっている業務について、説明をお願いします。

石田 わかりました。ふたりとも営業職。ITのプロジェクトを推進しているお客さまのもとで働く、最適なエンジニアさんをご紹介する、SESと呼ばれるスタイルです。お客さまの業界・企業規模はさまざま。小澤君は誰もが名前を知っている大手自動車メーカーの開発プロジェクトに、複数のエンジニアさんを紹介していて、同期ながら「スゴイなあ」って。

小澤 いやいや、石田君だって結果を出しているし、成績は一緒くらいでしょう。ただ、業務内容は同じでも、お互いに性格が違うし、仕事の進め方に個性は出ていると思います。石田君の場合は、もちまえの明るさを活かして、お客さまを冗談でなごませたり。雰囲気づくりのうまさにいつも感心しています。営業向きだなって。

そんなふたりが、Crane&IというIT企業に就職しようと思ったいきさつを教えてください。

石田 私の場合、いま、ITがどんどん世の中に浸透し、すでに欠かせないものになっているから。これからさらにその傾向は進むはず。社会を支え、新しい世の中を創造していく業界で働きたかったんです。それと、ベンチャー企業がいいと思っていましたね。

小澤 それはどうして?

石田 大企業だとすでに組織のあり方、仕事の進め方が決まっている。それより、未完成な部分のあるベンチャー企業のほうが、自分のチカラが会社の成長に役立っていることが実感できそうでしょう。つまり、それは、自分自身を成長させることにもなるから。

小澤 いいこというね(笑)。でも、IT業界に限っても、ベンチャー企業ってたくさんあるよね。なぜ、Crane&Iを選んだの?

石田 ズバリ社風。ヘンにかたくるしいところがないし、人と人の関係にぬくもりがある。面接のときから、雰囲気がもうほかの会社とは全然、違っていた。気さくな雰囲気だったんだよね。社長の遠藤からして、おだやかで、エラぶっているところがまったくない。目線を僕たちにあわせてくれているのを感じて、うれしかったのが印象的でした。

小澤 同感。僕の場合、社長が面接してくれたとき、趣味の話で大いに盛り上がったことをおぼえている。「この人たちと働くと楽しそうだな」と思った。どんな仕事をするかは大事だけど、誰と働くかということもとても大事ですから。

小澤さんは、就活では当初、IT業界を志望していなかったそうですね。

小澤 はい。当初は、インターネット広告などの仕事がいいかなと思っていました。というのも、マーケティングに興味があったし、自分で企画制作したものをおおぜいの人に見てもらえる仕事をしたいと考えていたから。でも、就活を進めていくうちに、あこがれで就職先を探すよりも、現実的に「この職場で働くのが楽しい」ということを重視して探すようになってきて。そんなタイミングで、Crane&Iに出会って、「ここだ!」って思ったんです。

入社後の教育と先輩のサポートが大きな支えに

なるほど。とはいえ、小澤さんは大学では経営・経済を専攻。石田さんも経済学部と聞いています。ふたりとも、入社時点では、ITのことにあまり詳しくなかったわけだから、不安はありませんでしたか。

石田 心配でした。でも、すぐ杞憂だとわかりました。Crane&Iは、「教育と福利厚生で日本一の会社」をめざしているだけあって、教育が充実していたからです。入社後の1ヵ月間で、IT業界で働くうえで必要となることを基礎からみっちり学べました。営業に配属されたあとも先輩が同行してくれて、営業の進め方、考え方を実践的に教えてくれた。

小澤 僕も同じで先輩の支援に助けられて、最初に感じた不安は消えていきました。いまは同行はなくなり、ひとり立ちしたかっこうですけど、先輩の厚いサポートは続いています。それに甘えてばかりではいけないけれど、「なにかあっても頼りになる存在がいてくれる」っていう安心感はありますね。

石田 そういえば先日、僕が担当しているエンジニアさんが体調を崩してしまい、当初の仕事の予定が狂い、それでお客さまに迷惑をかけてしまったことがありました。このトラブルを僕ひとりで抱えこんでいたら、パニックになっていたかもしれません。でも、「どんな仕事でもトラブルやミスはつきもの。まずは冷静に原因をしっかり見きわめる。そして、最善の対処法を考えればいいんだ」という先輩の言葉に救われ、うまく対応することができたんです。

小澤 よくわかる。Crane&Iの先輩たちは、後輩を指導するとき、決して感情的に声を荒げたり、アタマごなしになにかをいったりすることはないんです。いつも僕たちに寄りそいながら、的確なアドバイスをしてくれます。

石田 「まずは思い切ってやってみろ」というアドバイスもありました。あれは背中を押してくれた。「入社1年目は、わからないことばかり。最初からうまくやろうと思わず、失敗してもいいから、なにごともやってみる。そうやって、経験を重ねるうちに自分の仕事のやり方が見えてくる」と。

小澤 最初から「これは、こうしろ」と上からガチガチに命令されるのではなく、まずは自分の思った通りにやらせてくれる。そして、うまくいかない部分があったら、その原因や、どうやったらうまくいくかを一緒に考えてくれるんです。

先輩に限らず、職場の人間関係全般については、どう感じていますか。

石田 「仕事でもなんでも楽しくやろう」というのがベースにあるので、良好だと思います。しかめっつらで仕事をするより、ポジティブな気持ちで仕事をしたほうが結果もついてくるっていう考え。だから、みんなと一緒に仕事をするのが楽しい。

小澤 うんうん。もしかすると、めずらしい会社なのかも。大学の同級生たちで集まったとき、会社や上司のグチをいう人が多かったから。おどろきました。

石田 確かに人間関係で悩んだことはないですね。そういう点は恵まれていると思います。Crane&Iは冗談をいったりして他人を楽しませることが好きな人が多いから、最低でも1日に1回は会社で爆笑している(笑)。僕はもっぱら聞き役ですけどね。

小澤 これはウソです(笑)。初対面の人に「はじめまして、Crane&Iの反町隆史です」とあいさつしているのは誰だっけかな?(笑)

安心できる場所だからこそ、思い切って挑戦できる

では、最後にそれぞれの目標を聞かせてください。

石田 当面の目標としては、後輩をしっかりフォローしたり、お手本になれる人財になることです。2020年の4月からは後輩が入ってくる。いままではなにかあれば先輩に聞けばよかったけど、こんどは自分がサポートする立場。それをうまくこなして、その先はどん欲に上をめざしていきたいです。

小澤 Crane&Iは「社員数1,000人、年間売上200億円の会社になる」というビジョンを掲げています。新規事業をどんどん生み出し、それを子会社化していく構想もある。だから、経営者がたくさん、必要になるはず。自分はまだまだですけど、将来的には経営を担えるような人間になりたい。でも、会社が大きくなっても、いまの企業文化、風土は守っていきたい。

石田 それは本当にそう思います。人間関係のよさ、風通しのよさという社風はCrane&Iの財産だと思う。会社という安心して帰ってこられる場所があるからこそ、新しいことにも思い切ってチャレンジできる。これからもお互い、切磋琢磨して会社や業界を牽引できる人財になっていこう!

SHARE

READ MOREもっとCrane&Iを知る

【エンジニア】エンジニア出身の経営幹部候補が社員の幸福度の最大化をめざす
MORE
続きを読む
【創業ストーリー】“恩返し”を掲げるITベンチャー「Crane&a...
MORE
続きを読む
【座談会】会社という“家”に帰れるから、エンジニアが現場で活躍できる
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報・募集職種

【人材開発(2021新卒)】
  • ALL
  • 新卒採用
MORE
続きを読む
【コンサルティング営業(2021新卒)】
  • ALL
  • 新卒採用
MORE
続きを読む
営業事務・一般事務(正社員)
  • ALL
  • 事務職
MORE
続きを読む
事務・事務アシスタント(アルバイト・パート)
  • ALL
  • 事務職
MORE
続きを読む

ENTRYエントリーする

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. Crane&Iを知る
  3. 【新卒営業対談】理系ではない僕らが1年目からIT企業で活躍できる理由