WORK
仕事を知る

【研究開発職】サイフューズのチャレンジを応援してくださる患者さまが必ずいる

仕事を知るWORK
PROFILE

鍛治山(研究開発部 創薬支援研究グループ リーダー)

患者から採取した細胞からつくった臓器や器官。サイフューズの“製品”は、臨床現場における移植手術用として心待ちにされているほかに、製薬会社の研究現場向けとしても期待されている。新しい薬の作用を「ヒトの細胞だけでできた臓器や器官」で確かめられるので、より精度の高い新薬開発ができるようになるからだ。そんな製薬会社向けの研究開発チームをまとめているのが鍛治山だ。本人のキャリアヒストリーを語ってもらった。

好きなことを仕事にして、人の役に立てる

いまは「とにかく、サイフューズの技術で作製した製品を早く、世の中に出したい」。その想いでいっぱいです。製品として患者さまにご提供して、たとえばいままで治らなかった病気をなおすことに貢献する。それが実現できればきっと、「誰かの役に立てた!」という実感が得られるのではないかと思います。

私はいま、製薬会社向けの製品開発に携わっています。今後、からだの中の臓器と同じように、ヒトの細胞だけでできた臓器や器官をつかって薬の作用・副作用を確かめることができるようになれば、より精度の高い新薬の研究開発を行うことが可能になります。そのための製品を送り出し、研究開発に使用していただくことで、結果として新しい薬が誕生して、患者さまの苦しみを取り除くことができるのではないかという想いで開発に取り組んでいます。

「自分のやっていることが誰かの役に立つ」。私にとって、そのことが仕事に向かう大きな原動力になっています。それから、「自分の好きなことに、熱中して取り組める」ことも原動力のひとつです。サイフューズのほかのメンバーも同じように、その2つが原動力になっている面があると思います。「みんな、自分が携わっている仕事のことが、とても好きなんだな」って日々、感じています。私よりずっと年長の方でも、仕事のことについて話すときは、少年のようなキラキラした目をして、話すんですよ(笑)。


好きなことを仕事にして、その分野をきわめようと、熱中して取り組んでいたら、サイフューズにたどりつきました。ここで再生医療に取り組むなかで、いかに患者さまがその実現を心待ちにしているか、改めて実感して、「誰かの役に立ちたい」という想いがいっそう強くなり、より仕事に熱中していく、私のキャリアは、そういう流れでしたね。

研究職をめざしてキャリア戦略を立てる

小学校4年生のとき、小学校ではめずらしいことだと思うのですが、理科専門の先生がいらっしゃって、その先生の授業がとてもおもしろかったことがきっかけで、理科がとっても好きになりました。その後、理系の進路を選ぶ頃には、「研究を仕事にしたい」と思うようになり、大学では生命工学を専攻に選びました。あたりまえなのですが、私自身も生き物な訳でして、生命工学には「自分自身のナゾを解いていく」というおもしろさがあります。それに加えて、細胞を培養するというプロセスには一種の「ものづくり」のおもしろさもあり、その2つに対して興味がどんどん大きくなりました。

そのときの所属は工学部ですが、当時は医学部の研究室を使わせてもらって実験をしていました。そのなかで、実際に医療現場の様子を目の当たりにすることもありました。私たちの研究が進み、新しい治療法が生まれることを、患者さまがどれだけ心待ちにしているか知ることができ、最初は自分の好奇心を満たすことが目的で研究していたのが、その先の「人の役に立つ」という目的意識がめばえた瞬間でもありました。

具体的には、大学2年生の頃から、卒業後の進路のことを意識しはじめました。研究職に進む希望もあったことから、次のステップとして大学院進学も考えましたが、一方で早く就職して「仕事としての研究職」の経験値を多く積みたいとも考え、最終的に就職を選択しました。

大企業とベンチャー企業の違いを実感した

最初の職場は、大手製薬会社の研究開発の現場でした。設備や装置、システムが充実していて、研究者の方もみなさん超優秀な方ばかりの環境の中で、いろいろと教えてもらいながら仕事ができたことは、「とにかく研究現場での経験値を積みたい」と考えていた私にとって大きな財産になりました。

最初の職場での仕事にも慣れてきたころ、今後のキャリアを考えたときに、ひとつの役割を専門的に担っていくスタンスも大事ですが、プロジェクト全体をみわたして仕事を進めていくような挑戦がしたくなり、そのような環境で働きたいと思いました。また、大手製薬会社で携わった領域は、自分がこれまで研究してきた細胞培養ともまったく違う領域だったので、「できれば細胞の可能性や培養技術などを活かした研究をしたい」とも、思っていました。そんなとき、サイフューズと出会い、転職を決めました。

実際にサイフューズで働いてみて、「私の思い描いていた働き方が、ここにある!」と思いました。サイフューズでは、実験ひとつをやるにしても、みんなが全体像を理解しているし、「この実験が次にどうつながるのか」もわかっています。そして、それらをチームで共有しているから、みんなが「じゃあ、ここは私が担当します」「ここは私がカバーします」といった具合に、臨機応変に自分自身の役割を変えていくこともできます。理想とする働き方や同じようなマインドをもったメンバーと出会えたことにとてもワクワクしました。

役割をそのつど、変えていくのだから、必然的に他のメンバーとのコミュニケーション量は多くなります。サイフューズはちょっとした気づきをすぐメンバーに話せるので、チームワークがとても良く、ひとつひとつのスピード感がとっても早いと感じます。

たとえば、入社してすぐの頃でしたが「実験の手順書や、実験に使う機材の管理システムを整備しましょう」と提案して、私自身がその推進役になって実現したことがありました。それまでは、手順書は手書きのノートを用いていたこともあったので、当然のことながらメンバー内で参照するのが大変でしたし、機材の管理システムといったものもないので、実験当日になって必要なものがないことがわかり、実験自体が延期になってしまうこともありました。私としては、大手企業の開発現場を経験に立ち返り、大手の整った仕組みを上手くサイフューズにアレンジして導入しましょうと提案しました。

「入社したばかりで、おそれおおいかな」と、ちょっと思ったんですけど、でも、やるからには思い切りやらせてもらいました(笑)。そのようなチームワークの大切さを実感する出来事もあり、サイフューズで活躍したいと思うようになりました。

「サイフューズのめざす再生医療」を実現したい

入社してからというもの、自分のキャリアがどんどん広がっているのを感じています。学会での発表をまかされたり、メディア取材に参加させていただいたり、学生に再生医療のことを知ってもらう啓蒙活動にくわわったりしています。研究開発以外の仕事もいろいろ関わらせていただき、そういう新しいことをやれるのもサイフューズの魅力の1つだと思います。

逆にいえば、自分の専門領域のことだけを、決められた通りに、たんたんとひたすら追求していくタイプの人には、このようなベンチャーの環境はつらくなってしまうかもしれませんね。サイフューズのメンバーは、みんな多趣味で、仕事以外のことでも、みんなそれぞれ知識や経験を披露しあって、ワイワイ話す雰囲気があります。そうした雑談のなかから、仕事の領域が広がったり、新しい気づきにつながったりすることもあります。世の中にないものを生み出すベンチャー企業には、そういう幅広い知的好奇心は絶対に必要なんだろうと思います。そんなマインドをもっている方と、ぜひ、一緒に働きたいですね。

今後のビジョンとしては、日本をリードできるような、新しいものを生み出す研究をしていきたいと考えています。今は新しい病気がつねに発見されている世界ですから、求められているものはつねに変わっていくので、それにこたえられる研究をしていきたいです。サイフューズにしかできないことって絶対にあると思うので、世の中の期待にしっかりこたえて、「サイフューズのめざす新しい医療」に貢献していきたいですね。

SHARE

READ MOREもっと仕事を知る

【ハードウェアエンジニア】“まだ誰も開けていない引き出し”...
大手メーカーの研究開発職から、サイフューズにやってきたのが岸井保人だ。入社後、半導体製造装置や放射線治療機器などの開発を手がけてきたエンジニアとしての技量を存分に発揮し、ヒトの細胞を立体的に積み重ねていく作業を自動化する「バイオ3Dプ...
MORE
続きを読む
【研究開発職】「人々の健康に貢献したい」夢を追い研究開発者...
患者から細胞を採取し、培養して細胞のみで臓器や器官をつくり、患部に移植する新しい治療法。サイフューズは、その実現にまい進するベンチャー企業だ。この治療法について、いま国内の医療現場で臨床試験が進んでおり、公的に認可されるまでのプロセス...
MORE
続きを読む

ENTRYエントリーする

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. 仕事を知る
  3. 【研究開発職】サイフューズのチャレンジを応援してくださる患者さまが必ずいる