WORK
仕事を知る

【事業責任者インタビュー】「変わりたい!」と思っているなら、僕たちの仲間にならないか

仕事を知るWORK
PROFILE

竹本 航也(人材派遣・紹介事業 責任者)

経営陣がみな20代~30代という大阪のベンチャー企業、DRIVE LINE。アグレッシブにさまざまな事業を立ち上げているなかでも、いま業績を急速に伸ばしているのが人材派遣・紹介事業だ。統括責任者である竹本航也をはじめ、事業の運営に携わる社員たちも、やはり20代~30代。ビジネス経験の浅い若手でも、派遣社員のマネジメントや大企業の担当者とのネゴシエーションなどに携われる裏には、DRIVE LINE独自の社員の成長支援がある。その仕組みについて、竹本に解説してもらった。

20代~30代の若手が事業を運営している

DRIVE LINEの人材派遣・紹介事業は業績を急速に伸ばしていると聞きました。その要因はなんですか。

20代を中心とした、若い社員が事業を運営していることです。私たちの派遣社員さんが活躍しているのは、おもに販売や営業の仕事。最新のトレンドに感受性の高い人が向いている職種なので、20代の方がたくさん活躍している。その方々をマネジメントしている運営側の社員も、同じ世代。派遣社員さんにとっては悩みを相談したりしやすいので、問題を抱え込んだりせず、やる気を維持してくれる。その結果、派遣・紹介先のお客さまから高く評価していただき、お仕事をいただける。そのような好循環がつくられているので、業績を伸ばしているわけです。

なるほど。しかし、20代・30代の若手はビジネス経験が少ないので、事業を運営する立場になるのは、荷が重いのではありませんか。

いえいえ、そうでもないですよ。若手社員の成長を支援する仕組みがありますから。。「アルバイトくらいしか仕事をした経験がない。ましてや、ヒトのマネジメントなんてしたことがないし、自分には向いていない…」なんていう人でも大丈夫。入社後に、ビジネスマナーやマネジメントの基礎などを身につけられる研修を行いますから。

そして、キャリア面談を通して、「お金を稼ぐためにはなにをすべきなのか」「仕事をおもしろくするにはどうしたらいいのか」といった知恵を伝え、成長意欲を高めるようにサポートしています。DRIVE LINEに入社してから、ビジネス知識を学び、コミュニケーション能力を高めてもらえればいい。仕事をした経験が少ない方であれば、DRIVE LINEの社員になったうえで、派遣社員さんがやっている販売や営業の仕事を経験してもらい、実地で学んでもらうこともあります。実際に、そういうカタチでスタートを切った社員がたくさん活躍してくれています。

「このままではダメになる」と危機感をもつ人を歓迎

そうなんですね! では、採用する人材の条件はなんでしょうか。

「自分を変えたい」と思っている人でしょうか。現状に満足している人だと、伸びしろが小さく、成長のスピードが遅い。どんなことでもいいんですが、現状を変えたいと思っている人がDRIVE LINEに来ると、大きく変わります。しかも、すごいスピードで。たとえば「いまの給料では足りない。高給取りになりたい」「仕事がつまらない。もっと高いキャリアを積みたい」など、そういったことでいい。

「こうなりたい」という夢や、「このままだと、落ちこぼれの人生になってしまう」という危機感。それらをもっている人なら、DRIVE LINEで働きながら夢の実現や危機感の解消のための方策を見つけられると思います。僕を含め、入社歴では先輩になるメンバーが、一人ひとりの課題にしっかりと向きあい、キャリアアップできるように支援しますから。

「逃げていた自分」から逃げなくなった!

実際にDRIVE LINEで自分自身を変え、活躍している方の例をシェアしてください。

では、25歳の男性社員の事例を共有させてください。彼は、もともと工場で流れ作業に携わっていて、どちらかというとコミュニケーションが得意ではないタイプだったんです。でも、DRIVE LINEで働くうちに大きく変わった。いまでは派遣社員を採用する面接を任せているくらい、コミュニケーション能力が高くなった。彼が変われたのは、「給料アップしたい!」という明確な目標があって、その手段として「コミュニケーション能力が必要だ」と気づき、自ら能力を磨こうと努力したから。

もうひとり、22歳の女性社員の例を紹介します。彼女は、大学を中退し、アルバイトを転々としていた。職場でなにかイヤなことがあると、すぐに「辞める」という行動をとってしまうタイプ。そんな「いつも逃げてしまう自分を変えたい」と、DRIVE LINEに入社してくれた。それで、まずは販売の仕事についてもらったんです。ところが現場でうまくいかず、3ヵ月後に「辞めたい」と。このとき、僕自身が面談をしたんですが、「辞めたいならムリして長く続ける必要はない。ただ、いまの現場からは逃げられるけど、『逃げた自分からは逃げられない』。その点をどう考えますか」と伝えました。彼女は1週間ほど休んで悩んだ結果、「変わろう!」というスイッチが入ったそうです。いまでも同じ現場で仕事を続けてくれているんです。あと少し経験を積めば、事業を運営する側に回ってくれると期待しています。

挫折経験と人との出会いが僕を変えてくれた

竹本さん自身が社員のサポートに時間をさいているんですね。そんな竹本さんは、20代という時間を、どのように過ごしたのですか。

挫折からのスタートでしたね。もともと野球少年で、大学も野球をするつもりで入学したんですが、右ひじをケガしてしまって…。それで、いったん人生をリセットしようと、大学を中退。アメリカ、ジャマイカ、カンボジアなど、海外へ“自分探しの旅”に出たんです。そのなかで、いろんな方と出会って。たとえば35歳まで日本で派遣社員をしてニューヨークに移住してきた方とか。「大学を卒業して、企業の正社員に就職して、定年まで働いて…」というコースだけではない、いろんな生き方をしている人がたくさんいることに気づいたんです。

帰国した後は、沖縄でWeb制作を手がけている会社で働いたり、大阪に戻ってケータイショップ店員の派遣の仕事をしたり。そこで、「派遣」というビジネスモデルに興味をもつようになって。社長に直談判して、「派遣社員の採用の仕事をやらせてほしい」と志願。その仕事をしているうちに、DRIVE LINE代表の中井と知り合い、「派遣・紹介の事業を立ち上げるから来てほしい」と誘われたんです。

誘いを受けた決め手はなんでしたか。

中井という人物に惹かれたことです。チャレンジすることへのエネルギーに満ちあふれていて、会社が成長していく姿がイメージできたんです。この人と一緒に仕事をすれば、自分が当時、派遣会社に勤めているなかで感じていた「人の入れ替わりが激しい」という問題を変えていけるような気がしたんです。中井との出会いが、僕を変えてくれたと思います。

竹本さん自身、DRIVELINEによって自分を変えたひとりだったんですね。では最後に、求職者にメッセージをお願いします。

将来の明確な目標なんか、なくても大丈夫です。じつは僕自身も、いまだにそういったものはないんです(笑)。大事なことは「なにかを変えたい」と思う気持ちがあること。でも、変えるための方法がわからなくてモヤモヤしているなら、ぜひDRIVE LINEの門をたたいてみてください。きっと、変わるための手がかりを見つけることができますよ。

SHARE

READ MOREもっと仕事を知る

【子会社社長インタビュー】僕がこの会社で学んだ「人生の戦い...
いま、「オンライン受験コンサルティング」という新しい教育サービスが話題になっている。大阪のベンチャー企業、DRIVE LINEが2019年に開始した『ポラリスアカデミア』だ。勉強を教えるのではなく、受験生一人ひとりにあった戦略的な学習...
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報・募集職種

人材コーディネーター
  • ALL
MORE
続きを読む

ENTRYエントリーする

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. 仕事を知る
  3. 【事業責任者インタビュー】「変わりたい!」と思っているなら、僕たちの仲間にならないか