PAGE TOP

「休んでいい」のひとことで命をつないだ だから私は女性が輝く場をつくる

WORK

PROFILE

長谷 由紀(マネージャー)
◆入社年:2008年
◆出身:大阪府
◆趣味:日本文化にふれる

百貨店をはじめ、さまざまな場所にあるコスメブランドショップは、美しさを求めるお客さまでいつもにぎわう、華やかな職場。そこへ経験豊富な美容部員を派遣しているのがフィオレンテだ。有能なスタッフをそろえ、多くの支持を集めている。そのフィオレンテを統括するのが長谷由紀。彼女自身が外資系ブランドで美容部員として活躍、フィオレンテでの登録スタッフの経験もある。それを活かし、スタッフ採用の面接をこなし、最適な職場を紹介し、適切なケアをする。そんな長谷の八面六臂の活躍の裏には、華やかな職場の裏側で起きた、艱難辛苦の経験があった。

九死に一生を得た体験から使命にめざめる

 「あなたの命はあなたしか守れない。休んだほうがいい」──。あのひとことがなかったら、私の命はなかったでしょう。この言葉の主である、私が外資系ブランドで美容部員として働いていた時代の先輩は、命の恩人。いまでもおつきあいさせていただいています。

 それは、「メイクアップアーティストとして独立したい!」という夢を追いかけ、外資系の飲食チェーンから外資系ブランドの美容部員へと転身して2年ほどたったときのことでした。突然、お腹がふくれて、貧血がひどく、立ちくらみがおきてしまった。兆候はあったんです。飲食チェーンで働いていたころ、朝起きたら右足が上がらなくなり、激痛が走って動けなくなっていた。病院に行くと、「卵巣が腫れているが、特に気にしなくてもいい」という診断。だから放置して、外資系コスメブランドで働いていたんです。それが、よりひどいカタチで再発してしまった。でも、この業界はつねに人手不足が深刻。私の代わりはいない。だから、なかなか「休みます」といえず、はいつくばって仕事をしていました。

 そんな私を見かねて、先輩が声をかけてくださったのです。病院へ行ってみると、卵巣がんでした。手術、そして抗がん剤治療。苦しかったですが、生きていられることに感謝する毎日でした。そのなかで思ったことがあります。死んでしまいかねない大病を抱えていても休めない職場なんて、ありえない。それが女性特有の病気だったこともあって、女性がなんの不安も感じることなく、活躍できる職場をつくりたい──。それが私の生きる意味、生涯の目標になりました。

スタッフのスキルアップへの支援は惜しまない

 つらい闘病生活を経て、幸いにもがんは完治。再びフリーのメイクアップアーティストをめざして、美容部員の仕事をやり直すことに。こんどは幅広く、いろいろなブランドを経験したい。それには派遣という形態が最適だ、ということでフィオレンテに登録したんです。

 でも、早々にフリーへの道はあきらめました。労働条件が悪く、フリーとして生計を立てていくのが難しい現実を目の当たりにしたからです。むしろ、技術力のある人が劣悪な労働環境で働かざるをえない、そんな状況を改善していくのが私の仕事ではないか。そう思って、フィオレンテで正社員になる道を選択しました。

 じつは、飲食チェーン時代、高校生のときに店員のアルバイトをしたあと、卒業してから契約社員としてマネージャーをやっていたことがあるんです。店舗や会社の課題を見つけ、対策を考える習慣はそこで身につけました。フィオレンテでも、そういう意識が自然と出ているんでしょうね。

 チャンスはやがてやってきました。フィオレンテの母体、システムデバイステクノロジーの代表に、現代表の本田が就任。私がマネージャー職に任命されたのです。劣悪な労働環境を改善することに理解のあるトップのあと押しのおかげで、存分に腕を振るうことができました。まず組織を変えましたね。これまでのフィオレンテには、中間管理職がいなくて、組織がフラットでした。そこに階級制を導入し、組織を立体化したんです。それによって在籍スタッフ一人ひとりが責任をもって楽しく仕事ができるようになりました。

 私自身、働く時間と仕事内容について、スタッフの希望を最優先することに注力しています。たとえば、美容部員として第一線でがんばってきた女性が出産で離職して、そのあとまた復職するとき、いちばんの壁になるのが時間なんです。業務に就ける時間に制約があると、とたんに仕事内容がキャリアに見合わない、サポート的な業務になってしまう。

 フィオレンテでは、「働けるときに働いてもらう」というのが基本的なスタンスです。柔軟にスケジューリングしていますね。そして、たとえ月に1回の就業であったとしても、そこで存分にやりたいことをやってもらえる仕事を紹介します。

 またスキルアップへの支援を充実させています。「知識を深めたい」というスタッフがいれば勉強会を開いて対応。たとえば、最近はインバウンドの来店客が多いので、フィオレンテの母体であるシステムデバイステクノロジーの中国人スタッフに先生になってもらい、中国語の勉強会を開催したりしています。さらに、トレーニングチームをつくって、経験の浅いスタッフや初めて店舗に行くスタッフをトレーナーが教育するようにしました。

指示なしで2人分の働きができるスタッフ

 そうした教育の効果もあって、1人で2人分くらいの仕事ができる能力をもったスタッフを多数、そろえることができました。一を聞いて十を知る――。そんな、察しのよいスタッフばかりです。たとえば、外資系ブランドで20年ほど働いた経験者がいます。接客の部分だけでなく、店舗がどのように運営されているか、バックヤードの業務内容も熟知している。だから、「これをしてほしいんだろうな」「あれがいま、足りていないんだろうな」と察して、指示がなくても行動できる。

 結果、派遣先のショップだけでなく、そのショップがテナントとして入っている百貨店からも「このブランドが盛況になっているおかげでフロアに活気が出ている。それについては、ひとりの販売スタッフの貢献が大きいと聞いている」と、お褒めの言葉を頂戴したこともあるんです。

 来店客からのクレームが起きたときの対応をまかされるほど、経験値の高いスタッフもいます。クレームが発生すると、ブランド側は百貨店の経営陣に報告しなければなりません。その報告業務を、フィオレンテのベテランスタッフがまかされたことも。「きちんと報告してくれた。ありがとう」と百貨店からブランド側への信頼感を高めることになり、ブランド側から私たちへ、感謝の言葉を頂戴した例もあるんです。こんなふうにスタッフごとのスキルや経験値にあわせて、活躍の場を紹介していきます。

 これからは、より細かくスタッフのメンタルケアをしていき、能力を存分に発揮できるようにしていきたい。フィオレンテは他社と比べると、抱えているスタッフ人数が少ない。そのなかで利益をあげていくためには、個々のスタッフの能力を伸ばすしかありません。そうすると、メンタルケアなどがとても重要になるのです。いまのところ、それを担当しているのは私ひとり。将来的には、私の代わりになれる人財を育てていくのが課題です。私には「上に立ちたい」とか「社長になりたい」という気持ちはないんです。その代わりに、会社やスタッフのためになにができるかが、私のキャリアアップの課題なのではないかと思っています。

 同業他社のなかには、美容部員の派遣業だけでは経営が厳しく、他業種のビジネスも手がけている会社もあります。でも、フィオレンテは美容一本でいきたい。この仕事は大きな価値があり、これだけで利益をもっとあげられるはずだからです。「フィオレンテは美容以外に手を出さずに利益を上げている。すごいね」と、いわれるようになりたいですね。

SHARE

エントリーする

募集要項を確認の上、ご応募下さい。

ENTRY

求人情報・募集職種

一覧を見る
  1. Top
  2. 仕事を知る
  3. 「休んでいい」のひとことで命をつないだ だから私は女性が輝く場をつくる