GOOYAを知る
COMPANY

【ヒトメディア】伊藤一樹へインタビュー

COMPANYGOOYAを知る
プロフィール

株式会社ヒトメディア:Startup Div.マネージャー・伊藤一樹

株式会社ヒトメディアは2021年1月にGOOYAHoldingsにグループイン。実際にどんな事業をしているのか、GOOYAとの関りについてお伺いしました。

GOOYAHoldingsへのグループイン

まず自己紹介をお願い致します。

 ヒトメディアでStartup Div.マネージャーをしています、伊藤一樹と申します。2012年新卒入社です。
ヒトメディアへ入社したきっかけは、偶然な出会いからでした。在学中はFlashを使ったインタラクティブ表現を学ぶゼミを専攻しておりまして、当時Web業界でのものづくりに興味があったものの、どういう職種につけばよいのか分からず悩んでいました。
地元では業界の募集求人数も少なかったことから、一度東京に出て、バイトなどでも良いのでまずは業界に入り、学びながら志向を定めていきたいと思っていました。
 そんな中、たまたまネットに出ていた求人情報を見て知ったのがヒトメディアです。当時の会社のホームページにはインターンの方が作成したコンテンツが掲載されていたのですが、その内容がとても自由なもので、この会社に入ったら何でもトライをさせてもらえそうな印象を受け、自分の希望が叶えられそうと思ったため、面接。まずはインターンとして携わり、その後正社員として入ることになりました。

ヒトメディアは何の事業をしている会社なのでしょうか?

 正直、一言で答えるのは難しいですね(笑)
簡単に説明すると、WEB開発事業に軸を置きつつ、翻訳事業やCSRなど幅広い分野での事業領域から、企業理念で掲げている「ひとの成長にかかわる」の実現を目指して活動をしている会社です。
 グループインする前は特に教育方面に力を入れていたこともあり、WEB×教育の領域として、WEBサービスでの学校教育の支援を主軸とした事業を行っていました。これに軸足を置きつつ、翻訳回りや各企業のCSR活動を一緒に考えていきましょうと企画をしたり、実際に学校現場に行き事業をしておりました。

現在の担当業務をお聞かせください。

 私は、先ほどお伝えした「WEB開発」に携わる”Startup Div.”のマネージャーをさせて頂いております。実際の業務としては、社内の開発領域の各プロジェクト進行が滞りなく行われるように、プロジェクトを跨いだ業務間での調整や、あるいは売り上げなどの数字の管理をしつつ、プレイングマネージャーとして働いています。
 元々フロントエンド系のWEB開発に携わらせていただいていました。今でもフロントエンド系のコーディングを担当することもあります。またデザインの監修などもさせていただきながら、お客様の窓口に立って説明をすることなどもあります。
毎日やることはたくさんありますが、誰が担当するとパフォーマンスが出るのか、各個人の得意分野を考えて配置するようにしています。もちろん自分で対応したほうがいいものは、自分にスケジュールを入れて調整を行っています。
 私自身は人と話していて、その人がどういう所にモチベーションをもって仕事をしているか、何が好きかにとても興味があり、活躍できる場など、立場上アドバイスをお伝えすることが多いです。割と言わずにはいられなくなることが多いかもしれませんが(笑)
 働いてくださっている社員の方が、仕事に対して「どうしたら楽しくできるのか・効率よくできるのか」を見出しながら日々業務にあたっています。

GOOYAとの関りはどういったところにありますでしょうか?

 ヒトメディアは昨年2021年1月にGOOYAへグループインしました。
その後に評価周り・組織体制自体にも会社をGOOYAの流儀に合わせようという動きがあり、階級制度ができました。
 実は、元々階級制度自体はほとんどなく、マネジメント3.0という組織形態を目指し、ピラミッド構造をやめよう!という時期もあったんです。マネジメント3.0とは、個々人が独立した、フリーランスの集合のような組織のイメージです。各個人が裁量を大きく持ちながら、多くのことを各自で判断し連携していくような組織形態を目指していました。
 特に私の所属する部署のスタートアップは「フラットにしよう」という事で階級自体つけていませんでした。
とはいえ階級制度のような目線合わせが無いと、皆考えていることがバラバラでは?となったため、再度GOOYAにグループインしたタイミングで制度を設けました。
 また、以前はプロジェクトの進行含め、個々人で調整できるようになることを目指していましたが、組織形態として全員そのような動きができれば理想ではあるものの、反面個人で考えるべきことが多いため、個々人にとってはとても”負荷”が大きかったんです。すべての人がその形態で業務に当たれるかというと、なかなか難しいところがありました。
なので、まずチーム制を導入しGOOYAの組織にグループインしてから、しっかりとマネジメントも併せてやっていくこととなりました。
 今もまだ残っているヒトメディア独自の文化としては、基本トップダウンではないので、みんなでこれやりましょう!とはならないんです。例えば、誰かがこれやりたい!と提案があった物に対して、”賛同した人たちで作り上げる”といった感じです。
 また、社内は基本Slackでやり取りをしていまして様々なチャンネルがあるんです。映画好き・子育て、、などなど。基本的に制限は無くて、現場が動きやすいようにやってもいいですよ、という認識で立ち上げています。以前に比べて、少なくはなっていますが、今でもたくさんのチャンネルで社員同士のコミュニケーションをとるようにしています。

リモートワークの中でのコミュニケーション

社内の人間関係はどのような感じですか?

 先ほどお話させていただいたように、組織がフラットなので、あんまり上下関係が無いんです。肩書はありますが、言いたいことを言い合えるような会社だと思います。現在はコロナによりリモートや時差出勤が増えた為、Slackを使った非同期のコミュニケーションを活用しています。
 Slackでは絵文字でリアクションを返すことができるのですが、社内独自の絵文字がありまして。文字だけではない賑やかさがあるので、対面ではできない分コミュニケーションとしてカバーできているなと感じます。
 先ほどのSlack内で使用している絵文字ですが、ヒトメディアには絵文字職人がいて、随時作成後アップロードしてくれるんです(笑)
 そういったところを見ると、やはり子供ごごろ・遊び心があるいい会社だなと改めて思います。

ヒトメディアのクレドに関して、業務で意識している箇所はありますでしょうか?

 まず、ヒトメディアには8つのクレドがあります。
これを【8B】(エイトビー)と呼び
① Be Creative
② Be Speedy
③ Be Honest
④ Be Special
⑤ Be Hard Working
⑥ Be Global
⑦ Be Thankful
⑧ Be Free
日々社員が意識しているクレドです。実はSlackで使用している絵文字には、コミュニケーションのきっかけとしてクレドの絵文字も作られているんです。
 そして、私が業務でよく意識しているクレドは「Be Global」です。
現在運用中のWEBサイトの開発運用保守案件がありまして、こちらは国内の学校情報を取り扱った情報ポータルサイトで、海外の人たちをターゲットに作成しています。海外の学生さん向けで日本に留学したい人を対象とし、情報を探せるようなサイトです。
 I18N対応(国際化対応)で、日本語含め8言語対応のサイトとなります。日本に興味のあるユーザーに対してのWEBサイトですが、ステレオタイプな日本とならないように非常に意識し、より実際の日本のイメージに近いものに調整できるよう特に気をつけています。
それは、イメージだけでなく実際の日本を好きになってほしい気持ちがあるからです。だからこそ、固定的なイメージにとらわれないよう、「Be Global」の意識を強く持って業務にあたっています。
 その他、プロジェクトに関わらず日々の中で意識していることは、「Be Honest」です。
これは個人的にとても大切にしていて、社内の人に対してもそうですが、お客様に対しても真摯に伝えたい為、常に本音で話すよう意識をしています。良いことだけを伝えるのではなく、きちんとお客様に寄り添い、ご相談させていただいた上で良いものを作り上げられるよう努めています。

これからのヒトメディアとしての目標・伊藤さん自身の目標は?

 まず、ヒトメディアの強みとしてお客様からの「ふわっとした要望」を形にしてお届けすることを得意としています。
お客様からは、「なんとなく方向性は決まっているんだけど、具体的な案がまだ思いついていない」という時点で声をかけていただく事が多いです。また実際にその声を受け取って、相手に寄り添うようなモノづくりが得意であり、形にする力がある会社だと思います。
 会社の目標としては企業理念にある、”ひとの成長にかかわる”に紐づき、エンドユーザーの方にも一緒に成長してほしい、ということです。
もちろんエンドユーザーの方だけでなく、そのプロジェクトにかかわる社員や「お客様」にも成長してもらいたいという事も目標としてあげています。  
お話した目標を踏まえて、他の会社に比べて、ひとの成長にかかわるということの実現と実感を得られるような組織であると思っています。
 私自身の目標、、、難しいですね(笑)
今まで、これがやりたい!と思って進んできたことが、あんまりなかったんです(笑)
振り返ると、求められるところに行くといったことが多かったかなと。それは私個人が、得意なことは得意な人がやった方がいい、と思っているからでもあるのですが。
周りを見渡した時に、誰も得意な人がいなくて且つ、私が出来そうなことであれば、進んでやった方が全体の為にはいいのかなと思っています。
 目標という点はあんまり無いのですが、全体をカバーしていけるような存在になれるといいなと思いますね。
例えば、私がハブになって、一人では気づけなかったようなパフォーマンスが発揮できたりとか、この人と一緒にやった方がいいんじゃない?と教えた時に、私がいることによって全体で大きなパワーが発揮できるみたいな存在になれると、嬉しいと思っています。

■━■━■━■━■━■━■━■━■
【CHECK!】
採用情報はこちら
https://hikoma.jp/gooya/job_offers
■━■━■━■━■━■━■━■━■

新卒(求職者)に一言お願い致します。

 新卒の頃はがむしゃらに頑張れるバイタリティがあると思っていて、社会・組織を知らないからこそつき進めるパワーがあるはず。なので臆せずトライしてほしいです!
 正直なことを言えば、パフォーマンスの完璧さではなく、トライすることに重きを置いてほしいなと思います。スキルが無いからと言って気後れすることなく、チャレンジする気持ちを大切に励んでみてほしいです。
 また、会社で働いているうちに身についてくる部分や仕事に対して、どのパフォーマンスが発揮できるのか、というのは分からないと思います。
それを自分自身で知る為にも、いろいろチャレンジしてほしいです。
 ”活躍して見せる!”というガッツを持ち、「結果ではなくトライする・頑張ってみる」という事を頑張ってほしいと思います!
是非チャレンジしてみてください!

最後に、中途(求職者)に一言お願い致します。

 まず、一般的なIT系の開発企業とGOOYAHoldingsには違いがあるなと思っています。ヒトメディアがGYAグループに参加して気づいたこととして、私自身、事業部と月一で顔を合わせているのですが、その中で会社ごとの色・施策が全然違うなと感じています。グループの数を持っているからこそ知見の溜まるスピードもものすごく早いですし、グループを活かした集合知でとても勉強になります。

 また、自分たちがやっていることに対してアドバイスを頂けるので、とてもありがたい状況だなと感じます。
これがグループの強みだとおもいますので、ぜひその一員になっていただけるとうれしいです。
 各会社のやり方としては、ヒトメディアから見ると、GYAはプロセスが割と体系化されているなと感じます。
ヒトメディアは良くも悪くも、プロセスがその時々によって様々なので、特定のフォーマットがないなと。(笑)
個々のプロジェクトに対して柔軟性はあるのですが、こうすれば必ずうまくいくみたいな体制はあまり敷けていません。ですが、GOOYAは数字の管理が徹底されており、細かく分析して、数字を通して連携ができていると思います。会社目線で言うと「再現性が高い」のかなと。
 ヒトメディアは個々人に依存する部分が大きいので、それに比べて成長戦略が描きやすいんだろうなというイメージです。
そしてGOOYAには自分の意見をはっきり言われる方が多いと感じています。私としてはとてもありがたいですし、言わないと伝わらないこともありますからね。だからこそ、毎月の顔を合わせは気合を入れて参加しています(笑)

たくさんの方のエントリーをお待ちしております!求人情報一覧▷▷ https://hikoma.jp/gooya/job_offers

シェアする

もっとGOOYAを知るREAD MORE

【インターン】GOOYAでの経験を経て、社会で活躍していく
MORE
続きを読む
【採用担当者インタビュー】未経験者でも経験者でも活躍できる、エンジ...
MORE
続きを読む
新卒採用ページもリニューアルいたしました!
MORE
続きを読む
採用ページをリニューアルいたしました!
MORE
続きを読む

求人情報RECRUIT

法人営業(IT人材コンサルタント)
  • ALL
  • 営業
MORE
続きを読む
未経験から始めるテストエンジニア
  • ALL
  • エンジニア
MORE
続きを読む
未経験から始めるITエンジニア・プログラマー
  • ALL
  • エンジニア
MORE
続きを読む
ITサポート
  • ALL
  • エンジニア
MORE
続きを読む

応募するENTRY

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

応募する
  1. トップページ
  2. GOOYAを知る
  3. 【ヒトメディア】伊藤一樹へインタビュー