MEMBER
社員を知る
メディアPR事業部 領域推進室
室長

松浦 道生

社会は楽しい。仕事は楽しい。

社員を知るMEMBER
PROFILE

■ 入社年:2005年
■ 出身地:東京都
■ 出身大学/前職:青山学院大学
■ 趣味・特技:読書・都市散策

大学2年時より、イシン株式会社の前身となる風雲児メディアネットワーク(学生団体)にインターン生として参画。2004年の会社設立と同時に株式会社幕末(現イシン株式会社)に入社し、営業・商品企画を担当。グループ会社であるGMOベンチャー通信スタートアップ支援株式会社とイシングローバルファンドの取締役に就任。国内外のサービス立ち上げを多く経験し、2015年よりアジアを主とした海外における事業立ち上げを担当している。 座右の銘は「知行合一」。

INTERVIEW

今のミッションは?

投資と事業開発を通じて新しい価値を生み出す

イシングループとしての投資や事業開発を主に展開しています。
イシンだけではなく、合弁会社の株主様やファンド出資者様のビジネスに、投資活動を通じて貢献することも重要なミッション。並行して自社の事業開発も担当しています。「投資活動と事業開発」は、新たなものを生み出すには、とても相性の良い組み合わせで、「知の探索」と「知の深化」を繰り返すことにより、事業を俯瞰的にみることに役立てています。また、同じような動きを国内外で同時に行っていることにより、常に新たな気付き・学びを得ることができています。

イシンの魅力は?

個人のビジョンに合わせて仕事ができる

イシンの魅力は、自分の言葉でビジョンを語れる許容性と、仕事のフィールドを限定させていないところだと思います。
私のビジョンは、社名に込められた思いでもある「時代の進化に貢献する」ことです。時間とは、自分の命であり、自分の軌跡です。今、私は日本とアジアの架け橋になる動きをしています。一つの取り組みが約3年をかけて、 形になってきました。とはいえ、まだ一合目といったところ。10年かけて、新たな文化・新たな常識・時代の進化 に貢献できたらと思ったらワクワクしますよね。

あなたにとって「はたらく」とは?

「何の為に」に共感してこそ仕事は楽しくなる

仕事とは、自分の時間・エネルギーを投資するもので、その成果が社会の評価になって現れるものだと考えています。誰かの役に立った成果として、報酬が頂けます。その仕事が誰の役に立つのか、何をして役に立つのかということに共感し、やりがいを感じることができれば、「はたらく」は「生活の手段」から「楽しいもの」に意味合いが変わってくると思います。会社は、その器であり、共に働いているメンバーは同志やチームという言い方もできると思います。上司やお客様など、周りの存在にこの仕事観を醸成して頂きました。とても恵まれていたと思います。

今後の目標は?

より多くの人の役に立てる大きな事業を

イシンという存在をもっと多くの人に知ってもらいたい、受け入れてもらいたいという気持ちが大きいです。
20代に、多くの経営者の方々と時間をご一緒させていただき、育てていただきました。30代は、学んだことを自分なりに考え、形にしてきたつもりです。40代は、チームとして、大きな事業を創っていきたい。たくさんの人の役に立ちたい。このサイトを見ていただいている方を含め、現在の仲間・未来の仲間と一緒に大きなことを成し遂げたいです。やはり最後はそれに尽きますね。

SHARE

READ MOREもっと社員を知る


代表取締役社長
片岡 聡
MORE
続きを読む
グローバルイノベーション事業部 事業推進部
フィールドセールス
福永 大輝
MORE
続きを読む
公民共創事業部 事業企画部
部長
清水大暉
MORE
続きを読む
制作部
編集
大石 秋太郎
MORE
続きを読む
VIEW ALL

RECRUIT求人情報

【第二新卒歓迎 / 成長環境を求める方へ】ベンチャー経営者へのコンサルテ...
MORE
続きを読む
経理財務(月次、各四半期決算、連結、税務など)
MORE
続きを読む
2025新卒/ベンチャーのブランディングやマーケティングを支援するコンサ...
MORE
続きを読む
コンサルティング営業(地方創生・企業と自治体の課題解決を支援するメディア提案)
MORE
続きを読む

ENTRY応募する

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. 社員を知る
  3. 松浦 道生