CAREER
キャリアを知る

【役員】「攻めの管理部」として会社の成長を支える

キャリアを知るCAREER
PROFILE

大野 智之(執行役員CFO 兼 管理部部長)
入社年:2010年/新卒
出身大学:慶應義塾大学 商学部
趣味:ランニング

新たな事業が生まれ、売り上げや社員の数とともに会社が成長していけば、そこには新しい課題も生まれてくる。そうした課題に対処しながら、社員が働きやすい環境を整備し、会社のさらなる成長を支えていくのが、管理部門のミッションだ。ここでは、イシンの執行役員CFO兼管理部部長の大野智之を取材。社員数が10名程度だった当時のイシンから、事業が次々と生まれる組織へと変革していくなかでの管理部門の奮闘や、仕事のやりがいなどについて聞いた。

十数名ほどの会社でキャリアをスタート

私はもともとデジタルガジェットとか、ITツールといった新しいものが好きで、学生時代も、インターネット広告を手がけるベンチャー企業で長くアルバイトをしていました。就職活動では、大手企業の選考も受けましたが、やはり新しいことに果敢にチャレンジできるベンチャー企業に惹かれて。そうしたなか、株式会社幕末(現在のイシン株式会社)は、『ベンチャー通信』をバイト先の企業で読んで知っていたこともあって、選考に応募しました。経営陣も20代で会社全体の年齢層も若く、まさにこれから成長していく企業なんだという魅力を感じました。同時に、経営者向けのコンサルティング営業を通じて、経営の知見を得て実践できる仕事内容であることも入社の決め手になりました。面接の際、私と年齢が3歳しか違わない役員が見せてくれた手帳にも企業の経営者とのアポイントがびっしりと入っていて。こんなに若いうちに仕事を通じて多くの社長と出会えるというのは非常に魅力的に写りましたね。こうして私は選考を進め、新卒2期生として2010年に幕末に入社しました。

当時の幕末は雑居ビルの一室がオフィスでした。玄関には受付もなく、小さな空間で十数名ほどの社員が仕事をしていました。制作部は編集担当者が2名とデザイナーが1名、それ以外の社員はほとんどが営業職。組織としての管理部門はなく、当時社長だった明石と社員の1名が総務や経理を担当していました。私は入社後、営業部に配属。営業も、いまのように事業部ごとに分かれておらず、創業時から発刊している『ベンチャー通信』と、前年に創刊したばかりの『経営者通信』をメインに、すべての商材を扱っていました。

営業では多くの経営者にお会いでき、学びも多くありました。ただ、非常に難易度の高い仕事でもあり、なかなか成果が出ない日々が続きました。わずかながらも結果が出せるようになったあと、このまま営業を続けていきたいのかと悩むこともありました。ちょうどその頃、社員も増え組織が大きくなり始めていたタイミングで悩みを相談した時に、新たに立ち上がった経営企画室の仕事を会社が与えてくれて。そこから私は、人事、特に採用面の仕事に携わるようになったんです。

おもに採用に携わっていた当時のイシンは、新卒採用をどんどん増やしていくフェーズにありました。管理業務としてのキャリアを歩み始めた私がまず取り組んだのは、いわゆる「プッシュ型採用」の導入でした。それまでは、大手媒体を通じた「プル型採用」を行っていたのですが、なによりも媒体への掲載コストが非常に高額で、応募もただひたすら待つのみ。そこで、当時世間でも注目され始めていたダイレクトリクルーティングをイシンでも取り入れ、日本全国幅広い地域から人材を採用するようになりました。

利益管理のツールを自作

このように新しい取り組みにチャレンジしながら、約3年間は採用をメインに担当していましたが、途中からは、経営企画の仕事も任されるように。当時は、『自治体通信』をはじめとした新しい媒体が相次ぎ創刊され、シンガポールを皮切りとした海外への事業展開も進んでいた時期でした。社員の数だけでなく、事業の数もどんどん増えていくと同時に、会社が抱える経営課題も次第に多くなってきたのです。そこで、経営企画室では、会社全体の戦略や事業について議論し、整理していく仕組みをつくったり、新たに事業部制を導入したりしていきました。

このとき私が手がけたなかでもっとも印象の深かった仕事は、事業部ごとの利益管理の仕組みづくりでしたね。部署ごとに損益計算書(PL)の管理を行えるツールをゼロからExcelを使って作成したのですが、我ながらクオリティが高いものができあがったと思っていて(笑)。これによって、各事業部の「健康状態」を見える化し、部署ごとの将来の有望度合いも測れるようになりました。さらに、人事面でも事業責任者の評価を適正に行えるようになって。私が一生懸命つくったフォーマットが、あらゆる事業の意思決定に使われる。そんな、会社全体に影響を及ぼすような業務のダイナミズムにやりがいを感じたタイミングでしたね。

みずからのアイデアが会社を動かすダイナミズム

2016年には、総務・経理業務と経営企画室が統合するカタチで管理部が発足。私はその部長に就任しました。新しい事業や法人が次々と立ち上がるようになっていた当時は、労務や法務にまつわる、対処すべき課題も山積していました。「あれってどうなっているんだっけ」「これってリスクがあるんじゃないか」――。そうした課題を発見し、整理、解決していく。会社が成長するなかで、会社の生命線に関わる非常に大事な領域の仕事であり、緊張感のある日々を過ごしていました。

基本的に管理部門というのは「受け身」の仕事になりがちで、高い献身性が求められます。「海外で新しく人員を採用するが、どんな手続きが必要なのか。給与はどう決めればいいのか」――。このように会社の活動に付随して発生するものごとを一つひとつ解決するのが基本の仕事です。ただ、私の性格としては、そこにさらに自分が「楽しい」と思えることや、自分ならではのアイデアをどんどんアウトプットとして出していきたいとも考えるんです。

私が管理部長になってからは、「攻めの管理部」であるべく、『G suite』やフリーアドレス、クラウド型の勤怠管理システム、経費精算システムなどさまざまな新しい社内インフラを積極的に導入してきました。「これを導入すれば、絶対にみんなが働きやすくなる」という確信をもって次々と導入を実現しました。こうした、みずから提起した問題意識やアイデアによって会社を動かしたり、会社のルールや仕組みが職場の新しいスタンダードとして定着したりしていくのは、大きなやりがいを感じます。管理という「受け身」と捉えられがちな業務のなかで、仕事というのは結局、自由で自分次第なんだという実感を得ることができましたね。

一定の「カオス感」を大事にしたい

さまざまな事業が生まれてくるイシンには現在、安定事業もあり、成長事業もあります。CFOとしては、社会におけるイシンの存在感と影響力を高めていくために、資金調達や投資を行っていくことがミッションです。同時に、管理部長としてもより効率的で社員のみんなが安心して働ける仕組みをつくっていきたいですね。社員の数が増え、事業部も成長していくなかでは、組織も機能化し、秩序だてていかなくてはいけません。ただし、イシンのビジネスでいちばん大事なのは「人」であるとも考えています。さまざまな事業があるなかで、それぞれの部署で働く社員の気迫や情熱、刺激の与えあいってすごく大切だと思うんですよね。しっかりとした人事制度や、残業がなく働きやすい職場をこれからも引き続き整備していくとともに、多様な人材が情熱をもって働き、有機的に刺激を与えあうような、ある意味「カオス」な状態は残していかないといけないと思っています。そんなイシンの良い文化を大切にしながら、会社をより大きく成長させていきたいと考えています。

SHARE

READ MOREもっとキャリアを知る

【部長】御縁を大切にし「人に賭ける」文化
民間企業と自治体の橋渡し役を担うサービスを社会に提供しながら、イシンの成長の一翼を担う自治体領域事業部。いま事業部を統括するのは、イシンに中途で入社した吉川慶だ。学生時代から「新しい事業やサービスをつくって事を成したい」と大きな志を抱...
MORE
続きを読む
【部長】シリコンバレーでゼロから事業を立ち上げた
シリコンバレーのスタートアップと日本企業の橋渡し役を担う、イシンの米国現地法人、Ishin USA。主力事業のひとつ、GSA事業の中核的機能を担う。ここ3年は、日米をつなぐビジネスサミットとして最大規模を誇る『シリコンバレ...
MORE
続きを読む
【事業部日本オフィス代表】チャレンジを与えてくれる会社の魅力
イシンのグローバルを体現するグローバルスタートアップアクセス(GSA)事業部。その日本拠点の代表を務めるのが、2012年に新卒で入社した伊田だ。入社間もなく、新人MVPや半期の全社MVPを受賞するなど早くから頭角を現し、戦略事業のリー...
MORE
続きを読む
【部長】難易度の高い日常環境が圧倒的な成長につながった
イシンの創業事業である『ベンチャー通信』の発行を担うベンチャー事業部。その事業部長に2017年、25歳の最年少で就任したのが、春見佳佑。高校時代から経営者を志し、大学時代には起業まで経験したという彼は、入社後、早くから頭角を現し、入社...
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報・募集職種

採用オウンドメディアのコンサルティング営業職(CLOUDの自社プロダクト)
  • ALL
  • セールス
  • 中途採用
MORE
続きを読む
自社メディアの編集者・ライター
  • ALL
  • 中途採用
MORE
続きを読む
ビジネスメディアの制作進行・編集アシスタント
  • ALL
  • アルバイト/パート/その他
MORE
続きを読む
2022新卒採用 総合職
  • ALL
  • 新卒採用
MORE
続きを読む

ENTRYエントリーする

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. キャリアを知る
  3. 【役員】「攻めの管理部」として会社の成長を支える