WORK
仕事を知る

【システムエンジニア】最先端のテクノロジーを駆使して使いやすいシステムをつくる

仕事を知るWORK
PROFILE

横田 直樹(システムエンジニア)
・入社年:2018年/中途入社
・出身:広島県/ECCコンピュータ専門学校 
・趣味:ゲーム

ITベンチャー、KEEPGOINGは最先端の技術力と顧客企業の業界・業務への深い理解をもち、少人数の会社ながら直請けでシステム開発の仕事に携わっている。その最前線に立つひとりが横田直樹。大阪でシステムエンジニアとして活躍していた横田が、なぜ東京のベンチャー企業で働くという決断をしたのか。キャリアから現在の仕事、そして将来のビジョンまで、本人に語ってもらった。

最先端の開発手法で基幹システムを構築

いまは青果物などの輸入販売を手がけている企業で、基幹システムのリプレイスプロジェクトに携わっています。このプロジェクトの特徴は、ユニケージ開発手法を導入していること。UNIX系のシステムで、既存のプログラミング言語を使わず、シェルスクリプトだけで構築していくものです。お客さまとしては、「システムの保守・メンテナンスについて、自前でやっていきたい」という構想がある。ですから、高度なスキルをもつエンジニアやプログラマーでない、少数の人員で保守・メンテナンスできる、この開発手法を選択したようです。

私にとっても、この開発手法ははじめての経験。これまではJavaとかPHPで書いていたものを、全部シェルスクリプトで構築していくわけですから、その“お作法”をイチから勉強していきました。とくに、ユニケージ開発手法には「データベース」というものがない。データをすべてテキストファイルで保存する。このやり方に慣れるまでは、時間がかかりましたね。でも、「最先端の開発手法を学べている」というやりがいを日々、感じています。

「きびしいけど、やさしい」エンジニア社長

エンジニアの仕事を意識しはじめたのは、中学3年生のとき。BASICでちょっとしたプログラムをつくる授業があったんです。そこでエンジニアの世界に興味をもったんですよ。そこで情報系の学科がある高校へ進学し、さらに情報系の専門学校へ。就職先も、迷わずIT企業を選びました。

ところが、私の希望はシステム開発の業務だったんですが、配属先はインフラ部門。「1年ぐらいでシステム開発へ異動できる」という話だったんですが、2年たち3年たち…。しまいには上司から「君が抜けると困るよ」といわれて。評価していただけたのは光栄でしたが、自分のやりたいことではなかった。それで、システム開発ができる環境を求めて、転職活動をするように。結果、システム開発の会社に転職。じつはその会社で当時、社長を務めていたのが、いまの当社代表の竹中だったんです。

「きびしいけど、やさしい」。当時の竹中について、私にはそんな印象があります。ひとつひとつの作業について、こまかく仕事のできをチェックしてくれ、ときにはダメ出しをされる。口調はおだやかですが、私自身が気づいていなかった観点から指摘してくれるので、「ダメ出しをされるたびに自分の視野が広がる」という感じでしたね。たとえば私がテンプレートをどこかのサイトからひろってきて、それをもとに作成した成果物を出したとき、「いや、ここを変えないと使えないよね」といった具合。「定型パターンにおちいらず、お客さまのニーズにあわせたモノをつくる」ということを、実践的に教わりました。

「東京のITベンチャーで働く」という決断

ところが、勤務先の経営がかたむき、「会社の存続があやうい」ということがわかって。「やっとシステム開発ができるようになったのに、また転職活動をするのか…」と思ったんです。でも、会社がつぶれそうだとわかった日から、ほとんど間を置かず、竹中から「大企業がこの会社を丸ごと引き受けてくれることになったから、この仕事を続けたいなら、できるよ」といわれて。いちもにもなくその話に乗ることにしました。ちゃんと次の一手を講じてくれて、行き先を用意してくれる。そういうところが竹中のすごいところですね。

たとえば、会社が大企業に吸収され、竹中をトップとするいち部門になってからの話です。私自身が入っていた現場ではないんですが、ある開発プロジェクトで責任をもつ立場のエンジニアがひとり、急にいなくなってしまうという事態になってしまって。そのとき、竹中がすぐにその現場に乗り込んで陣頭指揮をして。さらに、自社のほかの部門にいるエンジニアと交渉して、ヘルプで入ってもらい、チームを立て直したんです。

当時の竹中と同じようなポジションにいる人が、似たような事態にあったとしたら、たいていは現場の人間に「がんばれ」とハッパをかけて終わり、なのではないでしょうか。それが、自ら現場に入って手を動かすだけでなく、人員の補充まで手をつくして実行してくれる。きっと応援を依頼された他部署のエンジニアは、「竹中さんのためなら、やりましょう!」という感じだったのでは。私自身、「この人についていきたい」と思いましたね。

そんな竹中は数年後、東京の部署へ異動になり、さらに独立して東京で起業。私は大阪でひたすらシステム開発の仕事に携わり、エンジニアとしての経験値を高めていきました。いったん、違う道を進みはじめていたわけです。

ところが、ある日、竹中から声がかかりました。「ウチに来てみない?」と、軽い感じで(笑)。私にとっては、人生ではじめて「上京して働く」という決断をするかどうかという大きな話でした。でも、「システム開発に携わる機会を与えてくれた、恩人である竹中さんがいってくれているんだし、私で役に立つことがあるなら…」と思いました。それで、KEEPGOINGに入社することを決めたんです。

直請けだから最新技術に携われる

入社後、KEEPGOINGで働くメリットとして感じたのは、システム開発の発注企業さんから直請けで仕事をもらっているので、エンジニアの裁量で決められることが大きい、という点です。前職では、孫請け、ひ孫請けのような立場でプロジェクトに携わることが多かったので、「与えられた仕様通りにつくる」という業務になりがちでした。でも、KEEPGOINGは違います。

たとえば、ある小売業のシステム更新のプロジェクト。更新する前に、先行して実装したい機能があって、そのフレームワークの選定から最後の稼働まで、ひととおりの仕事を全部、任せていただいたことがあります。お客さまがその機能に求めていることや、機能を使う人のこと、最終的な更新の方針も考えて、Laravelが最適と判断。でも、私自身はLaravelを使ったことがない。だから、自分自身、勉強しながらLaravelを導入していったんです。

そういう「自分が携わったことのないツールや手法、技術」を共同で学びあう勉強会が、KEEPGOINGではよく開かれています。たとえば、私自身が主体となったものでいうと、仮想サーバを建てる際に使われるDockerという技術について、自分なりに研究した成果をみんなにシェアしました。社長の竹中も技術の最新トレンドをよく追いかけています。KEEPGOINGはお客さまから直請けで受注しているので、そうやって学んだ新技術の導入を提案しやすい立場。エンジニアのスキルアップには、最適な環境だと思います。

私自身は、要件定義などより上流の工程に携われるエンジニアになって、システム全体の設計にかかわれるようになりたい。そのために、技術力を磨くのはもちろんですが、よりビジネス理解を深め、お客さまの業務の流れをもっともっと学んでいきたいと思っています。それによって、「このシステムは使いやすい!」といってもらえるシステムをつくるのが、私の目標です。

SHARE

READ MOREもっと仕事を知る

【プログラマー】エンジニアどうし教えあう風土が自己成長のエ...
KEEPGOINGに入社するまでは、「プログラミングについてはまったくの素人だった」という足立陽介。そんな彼が、たった1年ほどで、システム開発現場の最前線で「頼りになるプログラマー」として活躍している。急成長できた背景には、KEEPG...
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報・募集職種

システムエンジニア 兼 プロジェクトリーダー(業務システムのリプレイス案件)
    MORE
    続きを読む
    WEB/オープン系システム開発エンジニア(小売業基幹システム開発保守)
      MORE
      続きを読む
      WEB/オープン系システム開発エンジニア(ECシステム開発/運用)
        MORE
        続きを読む
        WEB/オープン系システム開発エンジニア(在庫管理システム開発)
          MORE
          続きを読む

          ENTRYエントリーする

          募集要項をご確認の上、ご応募ください。

          ENTRY
          1. Top
          2. 仕事を知る
          3. 【システムエンジニア】最先端のテクノロジーを駆使して使いやすいシステムをつくる