WORK
仕事を知る

【プログラマー】エンジニアどうし教えあう風土が自己成長のエンジンになる

仕事を知るWORK
PROFILE

足立 陽介(プログラマー)
・入社年:2019年/中途入社
・出身:神奈川県/尚美ミュージックカレッジ専門学校
・趣味:カラオケ

KEEPGOINGに入社するまでは、「プログラミングについてはまったくの素人だった」という足立陽介。そんな彼が、たった1年ほどで、システム開発現場の最前線で「頼りになるプログラマー」として活躍している。急成長できた背景には、KEEPGOINGの企業風土があった。どんな風土なのか、足立本人に語ってもらった。

「もっとシステム化できる」と現場仕事で感じていた

いまは青果物などの輸入販売を手がけている企業の現場で働いています。基幹システムのリプレイスプロジェクトのなかで、在庫管理システムの部分に携わっています。商材も仕入れ先も販売先も多種多様なので、かなり大きなシステムになります。ユニケージ開発手法を導入しているので、プログラミング言語ではなく、コマンドとシェルスクリプトを使う。どういうコマンドを使うかについては、けっこう裁量を与えられています。私自身がこのプロジェクトに途中から参画したので、以前の担当者がつくったものをお手本にしながら、手探りで進めています。

…と、経験豊富なプログラマーのように語ってしまいました(笑)。じつは、私はたった1年前、まったくの未経験者としてKEEPGOINGに入社したばかりなんです。その前は、物流倉庫のなかで、非正規職として働いていました。現場でのアナログな仕事。ITとは無縁でしたが、たまたま知人のつてで、KEEPGOINGがプログラマーを探していることを知り、面接を受けてみたんです。

当時の私は非正規だったので、将来が不安。ITならば、スキルさえ身につければ、今後も仕事がなくなることはないから、安心できそうだ。そんなふうに思ったんです。また、プログラミングを学んだことはありませんでしたが、趣味でホームページを作成したことがあり、「がんばれば、できるんじゃないか」と。それに、現場での仕事をしているとき、「もっとIT化して、効率的にできるんじゃないか…」と感じていて。ものごとを構造化して考えたり、段取りよく進めていく工夫をしたり、というタイプだったので、システム開発の仕事と親和性がありそうだとも思いました。

なにより、面接してくれた代表の竹中をはじめ、みなさん相談しやすそうな人がら。未経験からのスタートでもやっていけるんではないかと思い、「じゃあ、お願いします」と入社を決めたんです。

「いつまでそこにいるつもりなんだ?」

入社してすぐいまの現場に配属。ユニケージ開発手法はめずらしいので、私が配属されたチームの上長の方をはじめ、プログラミング言語には精通しているエンジニアの方々も、ユニケージはまったく経験がない。だから、「みんな未経験者」という現場。そのおかげで、入っていきやすかったのは確かです。

それに最初は週1~2回、現場業務が終わったあと、KEEPGOINGの先輩エンジニアがマンツーマンで指導してくれて、基礎的なことを徹底的に教わりました。また、参考書をたくさん用意してもらえて。当初は、「これを読んでおくといいよ」と指定されたものを読んでいたんですけれど、そのうち私自身が「この本を読んでみたい」とリクエストして購入してもらったり。「会社からの手厚いフォローのおかげで、なんとかここまでこれた」というのがいつわらざる心境です。

そういったオフィシャルなサポートだけでなく、電話やメールなどで、社員の方がなにかにつけ声をかけてくださる。現場が違うので、なかなかリアルに会えないメンバーもいますが、それでも「気にかけてもらえている」と実感できるのは、KEEPGOINGのいいところだと思います。あと、社長の竹中が飲みに行くのが好きなので(笑)。よく、つれていってもらっています。

竹中は、どのメンバーに対しても、よく声がけしていますね。印象的だったのは、私からみて先輩のエンジニアに「いつまでそこにいる気なんだ?」と、いっていたこと。その先輩は現場で責任ある仕事を任されて、バリバリやっているエンジニアの方。でも、竹中は「そこに安住していたらダメだよ」と伝えていたんです。「自分で手を動かす立場にとどまっていないで、部下のエンジニアをまとめて、もっと大きなプロジェクトを動かせるエンジニアになれ」というのが、あのとき竹中が伝えたかったことだと思うんです。

全体の視点をもつエンジニアになりたい

どん欲に成長を追い求める社風なんだな、と、そのとき実感しました。私自身も、いずれは後輩が入社してくるでしょうし、「いつまでもここにいてはいけない」という心がまえをもっているべきだと思っています。

与えられた業務、目の前の業務をこなすだけになってはいけない。指示を与える側の視点や、関連する業務も含めて全体をとらえる視点をもちたいと、強く思います。たとえば、いま私が携わっているのは在庫管理のシステムですが、そこだけで完結しているわけではないですよね。このシステムによって在庫を把握したうえで、そのデータを販売計画に活かしたり、仕入れの注文に活かしたりしているわけです。そのことを意識したうえでシステムをつくるのと、まったく意識しないのとでは、最終的な品質が大きく違ってくるはずです。

とはいえ、いまの私はまだまだ。エラーを出してしまいますから。トライしてはエラーが出て、動かない。原因を見つけだし、そこを改善してつくりあげても、やっぱり動かない。また原因を探してそれを改善して──。この繰り返しです。システムのなかのある部分を、ゼロからひとりでつくるのをまかされたことがあって、そのときもトライ&エラーの繰り返しでした。それでも、2ヵ月ぐらいかけて、最終的に完成させたときは、感慨深かったですね。

知らないことを知ろうとする意欲が必要

KEEPGOINGで活躍できるのは、「知らないことを知ろうとする意欲がある人」だと思います。経験豊富な方であれ、私のような未経験者であれ、知らないことは必ずあるはず。そのとき、それを「知りたい」と思い、どんどん追求していける人ですね。会社として新しい仕事や技術にどんどんチャレンジしていく風土があるので、「知っていることの範囲内で仕事をしたい」という人は向かないかもしれませんね。

また、KEEPGOINGは、メンバーどうし、技術面のことを教えあうカルチャーが根づいているように思います。わからないことがあれば、気軽に相談できるので、自分の知識をどんどん増やしていくことができる。逆に、他人に聞くのが苦手な人だと、活躍するのは難しいのかもしれません。

私自身がこれから増やしていきたい知識は、一般的なプログラミング言語ですね。PHPとかJavaとか。いまのところユニケージ開発手法の現場しか経験していないので、プログラミング言語をまだあつかっていないんです。それから、会計のことを勉強したいです。お客さまがシステムを開発する最終的な目的は売上アップとか利益向上とか、お金のことなので。だから、KEEPGOINGの先輩エンジニアでも簿記の資格をもっている人がいるんです。私もそれを見習って、システムとかプログラムとかという世界にとどまらず、幅広く知識を増やしていきたいですね。

SHARE

READ MOREもっと仕事を知る

【システムエンジニア】最先端のテクノロジーを駆使して使いや...
ITベンチャー、KEEPGOINGは最先端の技術力と顧客企業の業界・業務への深い理解をもち、少人数の会社ながら直請けでシステム開発の仕事に携わっている。その最前線に立つひとりが横田直樹。大阪でシステムエンジニアとして活躍していた横田が...
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報・募集職種

WEB/オープン系プログラマー(PG)
    MORE
    続きを読む
    WEB/オープン系システム開発エンジニア(SE)
      MORE
      続きを読む

      ENTRYエントリーする

      募集要項をご確認の上、ご応募ください。

      ENTRY
      1. Top
      2. 仕事を知る
      3. 【プログラマー】エンジニアどうし教えあう風土が自己成長のエンジンになる