WORK
仕事を知る

文系出身の新卒1年目社員が国家的事業の成否をわかつ仕事を担当

仕事を知るWORK
PROFILE

新津 凜(ネットワークソリューション事業部)
入社年:2019年/新卒入社
出身:神奈川県/東洋大学
趣味:サウナ・温泉

ある国家的な一大プロジェクトの成否を決める仕事にITエンジニアとして携わっている新津凜。じつは、彼は新卒入社1年目。しかも、法学部出身だ。そんな彼がなぜ巨大プロジェクトを支える役割を担うITエンジニアになれたのか。その要因のひとつが、OZsoftの充実した人材育成研修だった。どんな研修なのか、新津本人に語ってもらおう。

IoTの進化に感動してエンジニアの道へ

私はいま、ある国家的プロジェクトに関連する仕事に携わっています。残念ながら詳しくは話せないのですが、日本中の注目が集まり、マスコミに大きく取り上げられることも少なくありません。私が担当するのは、そのプロジェクトを支えるシステム開発。そのためのネットワーク機器の設定がおもな役割です。その国家的プロジェクトは成功裏に進行しているのですが、じつはその裏側では、一刻一秒を争うような緊迫したシーンもあったんです。私のできることは限られていましたが、それでもプロジェクトが成功したときは、心底ホッとしましたし、自分がそこにかかわれたことで、大きな感動をおぼえました。

そんな私ですが、大学は法学部。大学3年生になるまで、ITを仕事にしようとはまったく考えていなかった。ITに興味をもったきっかけは、ほんのちょっとしたことだったんです。自宅に新しいエアコンが設置したとき、これがIoT機能をもった、なかなかのスグレモノだった。外出中でも、スマホ操作で自由に温度設定できる。「へえ、こんなこともできるんだ。ITは暮らしをこんなに便利に変えられるものなんだな」ということに驚き、ITのことをもっと知りたくなったんです。それで当時おこなっていた就活の方針を転換。IT業界にしぼりこみました。

ただ、急に進路を変えたものですから、知識がまったくない。大手IT企業のグループ面接を受けたとき、ほかの応募者はみんな「情報系の学科を専攻しています」「ずっとITの勉強をしてきました」「パソコンを自分でつくったことがあります」といったゴリゴリの理系の人たちばかり。応募要件として「理系に限る」とは明確にうたってはいませんでしたが、会社側もやはり情報系や機械系の専門知識のある人たちを求めているように感じられました。

「やはり知識やスキルがなければ、ITの仕事に就くのは難しいのかな…」と自信をなくしかけた。そのときに知ったのがOZsoftだったんです。OZsoftでは、「未経験大歓迎。むしろ、まっさらな状態で来てほしい」と、とてもオープンなスタンスで求人していました。私にとっては願ってもないこと。でも、「本当に未経験でも大丈夫なのかな?」と一抹の不安もありました。ですが、研修を受け始めて納得しました。「これほど厳しく、そして充実した研修なら未経験者でもプロになれるはずだ」と。

研修で挫折しない人に共通する2パターンとは?

研修では、まず座学で、ネットワーク系を中心にITの専門知識をたたきこまれます。知識がある程度、アタマに入ったら、実機を使って実際に動かしてみる。「座学で知識取得→実機で体験」の繰り返し。私の場合は週2~3回、10時30分から16時30分まで、みっちりと研修を受けました。最初のころはわからないことばかりですし、新しい知識をつめこまれるので、受講後はグッタリと疲れていたのを、よくおぼえています。

でも、濃縮されたカリキュラムだけに、最初のころはついていくのがやっとという状態で大変ですが、そのぶん、確実に実力は身につきます。そして、知識がある程度、身についてくると、急にこの仕事のおもしろさもわかってくるんです。ですから、最初の段階で挫折せずに踏ん張れば、あとはなんとかなると思います。私の場合、研修期間は4ヵ月でした。

当時、私は中途入社の方と一緒に研修を受講していました。なかには途中でついていけなくなり、挫折してしまう人もいる。その差はなにかと聞かれると…。そうですね、挫折せずにプロになれる人には2パターンあるのではないかと私は思っています。

ひとつは、芯のしっかりしている人。目標をしっかり定め、「なにがなんでもITエンジニアになるんだ!」という強い意志をもっている人です。もうひとつは、楽天的で柔軟な考えをもっている人。研修の最初のころはわからないことだらけ。あまりマジメな人だと、煮つまってしまうこともあるのだと思うんです。多少わからないことがあっても、「なんとかなるだろう」と楽天的に考え、実機操作がうまくいかなくても、「次に取り返せばいいや」と思える人。私ですか? 完全に後者のパターンですね(笑)。

もうひとつ、私が研修をまっとうできたのは、OZsoftの企業風土のおかげかもしれません。私はアニメ好き。OZsoftは映画、アニメ、ゲームなどに興味がある社員が多い。ですから、研修の合い間に、そんな趣味の話で盛り上がるので、疲れや緊張がとけ、リラックスできたんです。

世の中が変わるとき、私たちが裏側にいる

じつは最近、その研修の講師をまかされました。教えられる立場から教える立場になったわけです。講師として、私が気をつけたのは、研修を受ける人たちの理解度を高めていくこと。受講生がわかっていないのに、講師が次の話にいってしまって、置き去りにするのがいちばんいけない。だから、「もしわからないことがあったら、私の話を途中でさえぎってもいいから、遠慮なく質問してね」と受講生にいいました。

私自身、研修を受けてからまだあまり時間がたっていません。「こうしてくれるとわかりやすい」「逆にこうされるとちょっと厳しいな」という記憶が鮮明でリアル。だから、そうした点に注意し、受講生の皆さんの表情などを確認しながら講義を進めていきました。最初は自分にできるのかなと不安もありましたが、いざやってみると、想像以上にうまくできたかなと思っています。それで自分自身のITエンジニアとしての成長を実感しました。

今後の目標としては、ネットワーク、サーバーなどのインフラ系をトータルにまかせてもらえるエキスパートになること。インフラ系エンジニアの醍醐味のひとつは、普通の人なら見たり、さわったりできない高額なマシンを自由に使えたり、世の中を動かしている仕組みの裏側を見られること。これからも大きなニュースとなるものだったり、世の中を変えるワクワクするようなプロジェクトにかかわっていきたい。世界を変えるのは技術。その技術によって社会や人類の発展に貢献できる仕事をしていきたいと思います。

SHARE

READ MOREもっと仕事を知る

ITエンジニアという天職と出会い人生が動き出した
新卒でビル管理の仕事に就いた佐脇伸之。だが、そこは彼が思い描いた理想の職場ではなかった。迷い、遠回りして、たどり着いたのが「OZsoftでITエンジニアとして働く」という道だった。いま、お客さまに寄りそい、頼りにされるITエンジニアを...
MORE
続きを読む
技術者への転身が遅すぎることはない。「35歳・料理人」の新...
折原耕平のキャリアは、いっぷう変わっている。前職は料理人。OZsoftに入社し、ITエンジニアへの転身を果たした。35歳からのスタートにもかかわらず、折原はいま、大手企業グループのネットワークインフラをあずかる、最前線で活躍している。...
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報・募集職種

微経験者以上 - 秋葉原で始めるWeb・オープン系エンジニア
    MORE
    続きを読む
    微経験者以上 - 秋葉原から社会貢献するインフラ系エンジニア
      MORE
      続きを読む
      “アキバ”で未経験から始めるITエンジニア
        MORE
        続きを読む
        2021新卒採用 - アキバで働くITエンジニア
          MORE
          続きを読む

          ENTRYエントリーする

          募集要項をご確認の上、ご応募ください。

          ENTRY
          1. Top
          2. 仕事を知る
          3. 文系出身の新卒1年目社員が国家的事業の成否をわかつ仕事を担当