COMPANY
レボニティホールディングスを知る

レボニティホールディングスを知る~沿革~

レボニティホールディングスを知るCOMPANY
 

沿革

レボニティホールディングスの中核となる警備会社、セキュリティロードは、1987年に初代社長の齊藤文治が宮崎市で開業。従業員わずか3名の規模からスタートしました。
創業時、道路における交通警備を手掛けたことから、「セキュリティロード」と命名。

その後、宮崎、熊本を中心に営業所を増やしていきました。2018年には、2代目社長として齊藤慎介が就任。第2創業期を迎え、鹿児島や大分に営業所を拡大しました。
2023年には、全12営業所、680名の雇用を達成して、年間で3,300案件を受注するまでに発展しています。
そして、2022年には外部パートナーの経営コンサルティング会社と顧問契約を締結し、M&Aを強化しながら、新規事業を立
ち上げていく計画を策定。

第3創業期として、レボニティホールディングスが歩みを始めました。

SHARE

READ MOREもっとレボニティホールディングスを知る

レボニティホールディングスを知る~事業紹介(警備事業)~
MORE
続きを読む
レボニティホールディングスを知る~オフィス紹介~
MORE
続きを読む
レボニティホールディングスを知る~社名ロゴの由来~
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報

【2025年卒採用】総合職
MORE
続きを読む
サービス管理責任者
MORE
続きを読む
相談支援専門員
MORE
続きを読む
課長職(営業・マネジメント業務)
MORE
続きを読む

ENTRY応募する

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. レボニティホールディングスを知る
  3. レボニティホールディングスを知る~沿革~