COMPANY
リトカ知育保育園を知る

【梅田24時間保育園】保護者の方と関係を築けていたから、コロナ対応でも信頼してもらえた

リトカ知育保育園を知るCOMPANY
PROFILE

[参加者] ※左から
橘 沙希(2019年入社/保育士)
井上 智子(2018年入社/主任)
江川 淑子(2020年入社/看護師)
山川 明栞(2020年入社/保育補助)

大阪のベンチャー企業、フレスデザインが梅田・箕面・東大阪に運営しているリトカ知育保育園。企業主導型の園として、認可園にはない自由な運営方針のもと、現場のアイデアを活かした保育活動を行っている。今回は、そのなかでも「梅田24時間保育園」の職員4名に集まってもらい、子どもたちや保護者とのかかわり方、職場風土などについて語りあってもらった。

チャレンジする気持ちを尊重する職場です

井上 今回は梅田園のことを、求職者の方に知ってもらうための企画ですね。まずはみんなで、自己紹介していきましょうか。私は主任として、おもに日勤の職員の方、約15名をマネジメントしています。とくに心がけていることは、正職員とかパートとかに関係なく、自分の意見がいえる職場にすること。そして、自分のアイデアを実際にやってみることができる環境をつくること。職員のチャレンジする気持ちを尊重したいと思っています。

山川 私は、保育補助として保育士の先生をサポートする立場ですけど、確かに、みなさんがどんどん意見をいいあい、「よい」と思ったことはどんどんチャレンジしていく雰囲気があると思います。もっとも、私自身は入職して3ヵ月目になったばかり。まずは、いろいろと仕事をおぼえていきたいと思います。

江川 私も山川先生とほぼ同じで、入職約3ヵ月。看護師として、子どもたちの健康面のお世話をしています。

私は、保育士として4年ほどの経験があり、じつは以前、井上先生とご一緒に働いていました。この園に2019年に入職したのは、井上先生に声をかけてもらったからです。

井上 橘先生が来てくれて、本当に助かっていて。ありがとうございます。橘先生と一緒に働いていたのは、病院内にもうけられた保育室。お医者さんや看護師さんのお子さんをおあずかりしていました。でも、家庭の事情で退職したんです。その後、「仕事に復帰してもいいかな」と思いはじめたころ、リトカ知育保育園の松村理事長とお話しする機会があって。入職のお誘いがあったんです。私を必要としていただいたことがとてもうれしく、入職を決めました。

山川 井上先生をはじめ、経験豊富な先輩に教えていただけるので、未経験で入職した私にとっては、本当に心強いです。前職はアパレルで接客の仕事。そこを退職した後、前から興味があった保育をやってみたいと思って、職を探すことにしたんです。年下のきょうだいや近所の子どものお世話をすることが多く、それを楽しく感じていたので。

とはいえ、私の場合、保育士の資格がない。でも、リトカ知育保育園の「保育補助」の求人を見て、保育資格がなくてもできる仕事があると知った。それで、チャレンジすることにしたんです。

江川 そうだったんですね。私の場合は、企業主導型の園だから、自分の子どもをあずけられることが決め手でした。これまで、老人ホームなどで看護師を経験してきたんですけど、子育てのために退職。その後、子育てが少し落ち着いたので、仕事を探していたところ、リトカ知育保育園の求人を見つけました。自分が理想とするワークライフバランスを実現できそうだと思ったことが大きいです。

私はいちど、保育の世界を離れているんです。井上先生とご一緒だった職場を退職したあと、エステの仕事なんかを経験しました。そこを辞めようかな、と考えていた、絶妙なタイミングで井上先生から「リトカ知育保育園で働きませんか」とお声がけをいただいたんですよ。井上先生のお仕事の進め方や引き出しの多さなどにあこがれていたので、また仕事でご一緒できるチャンスだと思って、お受けしたんです。

保護者が家庭での園児の様子をシェアしてくれた

井上 この仕事をする人であれば、子どもの成長を見守ることに喜びを感じると思うんです。リトカ知育保育園でもそれは同じですが、それにくわえて、保護者の方から「先生ありがとう」といわれる機会が多いのが特徴だと思います。知育に取り組むことで、お子さんの語彙力がグンとついたりするので、保護者の方からの信頼がとても厚いんだと思います。

保護者の方々との信頼関係をしっかり築けていると思えたできごとが、昨年、ありました。園児のひとりがコロナ検査で陽性になってしまって。幸い、その子以外に広がることはなく、おさまったんですが、それまでの間、保護者の方から苦情やおしかりをいただくことはまったくなかった。私たちの対応策を全面的に信頼してくださって。とても誇りに思います。

江川 私はリトカ知育保育園に自分の子どもをあずけているので、保護者の気持ちがよくわかります。確かに、先生の対応に不安があったり、日ごろから園に不信感があったりすれば、なにか苦情をいうもの。それがなかったということは、すばらしいことですよね。

日ごろの信頼関係の積み重ねが大事ですよね。前にね、ある保護者の方から、ご自宅にいるときのお子さんの様子をビデオで見せていただけたんですよ。保護者の方のご厚意が感じられて、とてもうれしかった。私たちは、園での子どもたちの様子しか見られないので、ご家庭内における子どもの成長や過ごし方は興味深かったですね。

意見を出しやすい風通しのいい環境

山川 うちの園は、保護者の方との関係性だけでなく、職員どうしの人間関係も良好だと思うんです。私はまだ入職して3ヵ月ですけど、すごくそれを感じていて…。

井上 そうかもしれないですね。じつは、この前、ほかの園から転職してきたばかりの保育士の先生に、前職の園と比べて、うちの職場の人間関係についてどう感じているか、聞いてみたんですよ。そうしたら、「イジワルな人がいないのでとても働きやすい」って。

同性だけの職場だと、人間関係がキツくなってしまうことが、けっこうありますよね。それがないのは、めずらしいことかな。たぶん、井上先生の方針で、みんながはっきり意見をいう環境だからだと思う。カゲでなにかいうことがないから、風通しがいいんですよね。

江川 確かに、意見をいいやすい雰囲気がありますよね。私は入職して3ヵ月ですが、保育士の先生方と一緒に、子ども特有の病気について、勉強会を定期的に開催しています。看護師がひとりで対処するだけでなく、知識をシェアしつつ、みんなで対応したほうが子どものためになりますから。

井上 勉強会のおかげで各々のスキルアップに繋がっていますね!

井上 最後に、それぞれ今後の目標を話していきましょう。私は主任として、もっとみんなが働きやすい職場にしていくこと。失敗をおそれず、チャレンジしながら学べる、そんな職場にしたいと思っています。私がちゃんと責任をとりますから、みなさん、ぜひ、挑戦してください!

山川 安心してついていきます(笑)。私は保育士の資格を取得することが当面の目標。2年の実務経験を積むことが前提条件になるので、ひたすら経験を積むのみです。また、子育て支援員の研修も受けようと思っています。

江川 私は、子ども特有の病気のことをもっと勉強して、知識を深めるようにしていきたい。それと、これから、たくさんの子どもたちとコミュニケーションをとっていくのが楽しみなんです。

この園で働きはじめて、まだ1年弱。もっと知識やスキルを身につけ、活躍できるようになりたいです。まだまだ、井上先生に頼ることが多く、後輩の先生から質問を受けてもすぐに回答できなかいことがあったりして…。保護者の方から信頼され、そして、色んな事にも恐れず、チャレンジしていける保育士になりたいです。

SHARE

READ MOREもっとリトカ知育保育園を知る

【東大阪市水走EAST保育園】多彩な経歴をもつ職員たちが子どものた...
MORE
続きを読む
【箕面保育園】先生のチカラを信じているから、やりたい保育に挑戦して...
MORE
続きを読む
リトカ知育保育園とは
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報・募集職種

企業主導型保育園の保育士|箕面園
  • ALL
  • 箕面(大阪)
MORE
続きを読む
企業主導型保育園の保育士|水走園
  • ALL
  • 水走EAST(大阪)
MORE
続きを読む
企業主導型保育園の保育士パート|箕面園
  • ALL
  • 箕面(大阪)
MORE
続きを読む
企業主導型保育園の保育士パート|水走園
  • ALL
  • 水走EAST(大阪)
MORE
続きを読む

ENTRYエントリーする

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. リトカ知育保育園を知る
  3. 【梅田24時間保育園】保護者の方と関係を築けていたから、コロナ対応でも信頼してもらえた