COMPANY
CIを知る

フルリモート勤務で使われているDiscordについて解説

CIを知るCOMPANY

CI では、コロナが流行する前から「全員がフルリモートで勤務できる仕組みや体制」をとってきました。
そんなに早くからリモートワークを取り入れていた理由は、会社のミッションである「”場所にとらわれない” 働き方や生き方の文化を創造し、定着させる。」という考えに則って運営してきたからです。

コロナによって「リモートで働く」という概念が一気に普及したとはいえ、まだまだ日本ではフルリモート勤務で経営できている会社はそう多くありません。
そこで、CI に興味を持ってくださった方々からよく寄せられる「フルリモート勤務」に関するご質問に、ざっくばらんにお答えしていきたいと思います!!

自走力を必要とされながらも、自由にのびのびと働ける。そんなフルリモのよさを、少しでも感じ取っていただけたら嬉しいです♪ ^^

Q1. フルリモートの勤務では、どのように働いているのですか?

Discordを使った「バーチャルオフィス」を使用し、常に「スピーカーON / マイクOFF」の状態で仕事をしています。

Q2:Discordを使った、”バーチャルオフィス環境”とは?

CI では、フルリモートでも生産的、かつ効率的に仕事ができるよう、Discordを使用したバーチャルオフィス環境を構築しています。

…って言っても、イマイチ想像しづらいですよねw

これ、要は「オフィスに出社することのメリット」を教授しながらも、
フルリモートで働く」ために必要な環境が ”バーチャルオフィス” だった、ということなんです。

コロナをきっかけに強制的に業務のオンライン化が進んだことで、多くの方が「あれ、出社する必要なくない?」と気づいた(気づいてしまった)と思います。

社員からしても、出社時間やさまざまな業務時間が削減されて万々歳。
経営サイドからしても、オフィス代などの必要コストが削減されて万々歳。

いいこと尽くしのリモートワークですが、唯一の欠点があるとすれば、
それは「確実に業務に必要な会話以外のコミュニケーション(つまりは雑談)が減ること」。

リモートであっても、業務に必要だと「お互いが」認識していることを話すのは何も問題ないんですよね。

相手が上司であっても、同僚や部下であっても、必要性が高い会話に時間を割いてもらうことに、大きな配慮は不要だからです。

ですが、仕事中に話したい内容って、必要性や緊急性が高い話題だけではないですよね。

部下に対しては、
・今日の体調やメンタルはどうか?
・何か今の業務で困ってることはないか?(とはいえMTGを設定するほどでもない)
・タスクのキャパは適正か?   などなど。

同じチームのメンバーに対しては、
・テキストは面倒なので、 ” 口頭で” ちょっと話したい
・直接業務に関わることではないけど、ちょっと話したい
・リフレッシュするために、雑談をしたい   などなど。

上司に対しては、
・(上司にとっては緊急度が高くないけど)早く確認してほしいタスクがある!
・業務中にわからないことが出てきた...
・業務に直接は関係がないけど、聞いてみたいことがある(社内事情とか)  などなど。
どのレイヤーにいたとしても、「ちょっとだけ話したい」ときがあります。

リモート勤務になると、こういった「必要性や緊急性の低い話題」を話しづらくなってしまう理由、なんだと思いますか?
答えは、話しかけたい相手の状態がわからないから、です。

オフラインで出社していたときは、自分が普段話しかけるような人はだいたい近くの席にいて、
いつなら話しかけてよさそうか」を意識的であれ無意識であれ、把握してると思います。
(イヤホン付けてるか付けてないのかとか、背もたれに寄りかかっているか画面に集中しているか、などなど)

視覚的にも聴覚的にも、「今なら話しかけていいだろう」と自分が判断するのに充分な情報を、出社をしてると簡単にゲットできるんですよね。

では、それがリモートワークになるとどうなるのか?

リモートワークにも色々なやり方があるので、今回は「常時何かしらのツールで繋がって仕事をするパターン」で考えてみましょう。

Q3:リモートで「ちょっと話したいとき」の対処法は?


さて、仕事をしていて、上司に「ちょっと聞きたいこと」がでてきたとします。

内容的には口頭で話せば3〜5分くらいで解決できそうですし、上司のスケジュールを確認したところ、特にMTGなどは設定されていませんでした。

ですが、「今上司が何をしているのか」はこちらからはわかりません。
この場合、あなたならどうしますか?

チャットで今時間があるかどうかを確認して、返事をもらってから話しかける
迷惑にならないことを祈りながら、話しかけちゃう
面倒だけど、長文のテキストを上司に送る
面倒なので、自分で解決しようとしてみる
面倒なので、なかったことにして自分の胸にそっとしまう

どうでしょう、どの選択肢も全部めんどうじゃないですか?(笑)

「口頭でちょっと話したいこと」が、1日に1〜2回しか発生しないのであれば、大したロスではないですが、これが10〜15回くらい発生するとしたらどうでしょう。

かなりムダな時間が増えてしまいますよね。

この、リモートワークにおける非効率さを解消する有効な手段が「Discordによるバーチャルオフィス環境の構築」というわけです。

「話しかけていいタイミングがわかる」のって、意外と重要で効率的

オンラインで働くことの唯一の弊害は、「話しかけて良いタイミングがわからないこと」でした。 CI では、この弊害を取り除くべくDiscordというコミュニケーションツールを使って仕事をしています。


バーチャルオフィスでは、画像のように社長室や執務室、受託開発の部屋などチームごとに部屋が分けられています。
メンバーは自分が所属するチームの部屋で基本的に作業をして、MTGなどがある場合は適宜部屋を移動する、という流れで働いています。
そして、スピーカーは常にON / マイクはOFF

みなさん、もう一度言いますがマイクはOFFですからね、安心してください(笑)。

話しかけられたり、自分が誰かに話しかけたいときにだけマイクのミュートを解除すれば大丈夫です。

で、スピーカーは常にONにしておくこと。これが重要です。
CI では「スピーカーがONの状態=話しかけてもいいサイン」となります。
なので、小休憩をしたりお手洗いに行ったり、宅配を受け取ったり...
何か用事があって話しかけてほしくない時にだけ、スピーカーをOFFにします。
たったこれだけで、先ほどの「いつ話しかけて良いかわからない問題」が解決しちゃうんですよ。
簡単すぎますよね(笑)。

自分が何か聞きたいことや、話したいことができた時には「相手がスピーカーをONにしているのか、OFFになっているのか」の確認だけすれば良いので、欲しい情報を「いつでも、すぐに」得ることができます。

Q 4:フルリモートでも、オフラインと変わらずスキルアップできるんでしょうか?

「CI では」十分に可能です。

「フルリモートだと、教育環境としては適していないのでは?」
「放置されないか不安...」 などなど。
フルリモート勤務と聞いたときに、このような懸念が生じてしまうのも無理はありません。
ですが、”CIでは” 以下の理由からスキルアップのための充分な環境が整っています。

理由その1. 常に話しかけて良い環境

こちらは先ほどからお伝えしている通りのため、割愛。


理由その2. 効率的な情報共有の徹底

「スキルアップしたい」「成長したい」と考えた時に、独学では補いきれない部分、つまりは「企業に属している」ことで成長を加速させられる理由は、

・的確かつ意味のあるFBが得られる環境がある
・独学で学ぶには効率が悪い「実務的な」情報のインプットができる

この2点にあると思います。

1の「FBが得られる環境」に関しては、バーチャルオフィスのおかげで「自分が欲しいタイミング」で「欲しいFB」を得られることはご理解いただけたかと思いますので割愛。

次に、 2 の「実務的な情報のインプットを適切にできるのか?」に関してですが、CI ではアウトプットをするときに「他のメンバーにも自分と同じ理解度で共有できるよう、情報を適切にまとめる」カルチャーが定着しています。(リモートで働くために必要な ”リモートワークスキル” の一環であると定義してます)

主に使っているツールは、
・Notion
・Asana
・Backlog
・Gitlab
・Cacoo  など。

複数のツールを使って、情報を適切な場所に格納する。
この意識を全社員が共通で持っているので、会社のことや自社の事業に関して「◯◯の情報が欲しい」と思ったらすぐに情報を取りにいけますし、だいたいが蓄積されている情報の中に答えがあります。
なので、「欲しい情報が、適切な形ですぐに手に入る」→「成長スピードが加速」という図式が成り立つわけです。

SHARE

READ MOREもっとCIを知る

CIにおけるリモートワークのポイント(コミュニケーション編)
MORE
続きを読む
【リーダー座談会】エンジニアの自己成長に、フルリモートワークは最適...
MORE
続きを読む
CI、四国サテライトオフィスとは?|徳島県三好市に24年1月に開所
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報

【四国サテライトオフィス】エンジニア
MORE
続きを読む
エンジニア(リーダー候補)
MORE
続きを読む
エンジニア
MORE
続きを読む
【四国サテライトオフィス】エンジニアアルバイト
MORE
続きを読む

ENTRY応募する

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. CIを知る
  3. フルリモート勤務で使われているDiscordについて解説