COMPANY
タキダエンタープライズを知る

【若手座談会】「おいしい」の、その先にあるウキウキワクワクを届けたい

タキダエンタープライズを知るCOMPANY
PROFILE

[参加者]※左から
■大石 健太(営業本部)
■比嘉 杏奈(羽田空港店 スタッフ)※前列
■川畑 芙佑美(あべのハルカス店/阪神梅田店 スタッフ)
■西浦 ひなの(企画本部)

「ウキウキワクワクを世界中に届ける」――。越前海鮮倶楽部のブランド名で食品販売店を展開するタキダエンタープライズが掲げるビジョンは、エンターテイメント業に通じるものがあるかもしれない。今回、座談会企画のために集まってもらったのは、2018年度に入社して越前海鮮倶楽部を盛り上げる若手社員4名。お客さまに「ウキウキワクワク」を届けるために、自分なりの方法で奮闘している。それぞれ活躍する場所が異なる彼ら・彼女らに一堂に集まってもらい、それぞれの仕事についてシェアしてもらいました!

全国津々浦々で同期の仲間たちが奮闘中

大石 まずは、それぞれの自己紹介を兼ねて、現在の業務を話していきましょう。僕はおもに、都内でセールスプロモーション業務に携わっています。BtoBとBtoC、2種類の業務を兼務していて、BtoC営業としては、催事販売の企画・実施に取り組んでいます。催事の期間は、短いもので1週間ほど。長いものだと、2~3週間程度になります。BtoBとしては、駅構内に売店を展開する会社さんなど、既存取引先への営業を行っています。

比嘉 私は、羽田空港の第1ターミナルビルの南ウイングにあるお店に勤務しています。お客さまは、おもに中国・四国・九州・沖縄方面へご出発の方々です。店頭に立って、お客さまに試食をおススメしたりしています。九州地方出身の方は濃い味を好まれる傾向があるので、越前海鮮倶楽部のせんべいはうってつけ。羽田店限定パッケージを打ち出して、「ここでしか買えませんよ」とご案内。販売に努めています。

川畑 私は大阪のあべのハルカス店と阪神百貨店梅田店の2つのお店のスタッフを兼任しています。どちらも百貨店内にある店舗ですが、お客さまの層が異なっているので、それぞれにあった接客を心がけています。たとえば、阪神百貨店にはご自身で召し上がる商品を探す方が多く来店されますが、あべのハルカス店にはご進物用としての商品を検討されている方が多い。あべのハルカス店では、のし紙を多めに準備するとか、それぞれにふさわしい準備が必要なんです。

西浦 私は、このなかではただひとり、福井本社に勤務しています。おもな業務は、越前海鮮倶楽部のWeb通販サイトの作成と運営です。会社の自社サイトと楽天へ出店したサイトの2つを担当しています。それにくわえて、チラシの作成や、店舗内の販促物の作成も行っています。最近では、SNSでの商品案内にも注力中。商品の魅力を、目で見てわかるカタチで表現するのが仕事で、日々、勉強中です。

「これを売りたい」という商品に出会った

大石 それじゃあ、入社を決めた経緯を話しましょうか。僕の場合は、学生時代、ロサンゼルスにインターンで行ったとき、食品関係の展示会に参加したのがきっかけでした。食品は、日本の国際性と独自性をいちばん発揮できるものだと再認識して。日本の食品を海外で販売していくことのおもしろさに気づいたんです。帰国後は、食品会社にしぼりこんで就職活動。いちばんこだわったのは、自分が速く成長できること。「3年以内にこうなる」「5年以内にこうなりたい」という目標をどんどんかなえていけるような、そういったスピード感がある会社がいいな、と。その点、タキダエンタープライズはベンチャー企業。「ここなら成長できそうだ」と、入社を決意しました。

比嘉 そうだったんですね! 私の場合、沖縄に住んでいたんですけど、「就職先は東京にするぞ」とだけ決めていて。職業についてのこだわりはまったくなくて(笑)。ただ、アルバイトとしてそれまでに経験した仕事のうち、9割が販売職だった。だから、まずは販売職に就くことがベストだと思いました。越前海鮮倶楽部に入社した決め手は、ズバリ、「人」。採用担当の方が、とてもステキな方だったんです。それにくわえて、商品ですね。最終面接の帰り道、海鮮せんべいを購入して食べたら、私の好きな味だったんです。販売業に携わるにあたって、自分がおいしいと思わないと売りづらいでしょう? 「この味なら絶対、がんばれるぞ!」と確信したんです(笑)

川畑 私は歯科助手からの転職組。歯科助手時代、患者の方がよく、「歯が治ったら、おいしいものが食べられる」とおっしゃっているのを見て、なにかおいしいものを提供する仕事に就きたいな、と。転職サイトで見つけた食品店の商品を購入して食べてみる、ということを繰り返すなかで出会ったのが、越前海鮮倶楽部のせんべいでした。「これなら自信をもってお客さまに紹介できる」と、瞬時に思いましたね。また、本社の所在地である福井県坂井市三国町は、私の祖父母が住んでいる場所。なにかのご縁かな、と。

西浦 その三国が私の地元です(笑)。地元に本社があることが、志望した大きな理由です。越前海鮮倶楽部のせんべいは、幼いころからなんども食べていたから、そのおいしさはよく知っていました。あと、私は主体的に行動するようなタイプではなかったので、それを変えたくて。「自ら発信することが求められる会社に身を置きたい」と思ったのも、ベンチャー企業であるタキダエンタープライズを選んだ理由ですね。当初は事務を志望していたんですけど、高校時代に学んだフォトショップやイラストレーターなどデザインの技術を活かせると思って、企画職へと志望を変更。その通りにしていただけました。

■━■━■━■━■━■━■━■━■
【CHECK!】採用情報はこちら
https://hikoma.jp/takida-ep/job_offers
■━■━■━■━■━■━■━■━■

自分のアタマで考えて実行できる

大石 こんどは、仕事のやりがいについて話しましょう。僕にとって転機となったのは、神奈川の武蔵小杉での催事でした。それが初めて、ひとりでまかされた催事。人通りが少ない場所なのに、売上目標が高めに設定されていて。「どうしたら人の目にとまるだろう」と。そこで目をつけたのが、素材の含有量が高い『から揚げせんべい』。その催事では、「甘エビ80%」とか、素材の含有量の数字を大きく前面に打ち出すことにしたんです。ゲームのドラクエの「パラメータ」をイメージして、店頭広告をデザイン。効果は上々でホッとすると同時に、自分のアイデアが採用され、実行に移し、目標達成に貢献できて、自信になりました。

比嘉 私の場合、やりがいを感じる瞬間は2種類あって。ひとつは、店頭に立って販売をするとき。社内で開催している接客研修で得た技術を活用していると、「あなた、いいわね」と、おほめの言葉をいただくことが増えたんです。自己成長にともなって売上が伸びたので、モチベーションが高まっていくのを感じました。もうひとつは、この秋から携わっている商品企画。本社企画部の方と相談しながら、商品の包装紙やディスプレイ配置を考えたんです。企画通りに包装され並べられた商品を見たとき、「自分たちで企画して、自分たちで売る商品なんだ」と、強く実感しましたね。その時点である種の達成感を感じたと同時に、「よりがんばって販売しよう」と思えました。

川畑 お客さまにご購入いただく瞬間に、達成感があります。試食されても、「また来ますね」といって他店に行ってしまう方も多いなかで、「やっぱり、ここがいちばん、おいしかったから、これにするわ」と戻ってらした方がいたときのうれしさときたら、どう表現していいか(笑)。試食品を配り続けた相手に、「贈答品として20個ください」といわれたときも、とてもうれしかったのをよくおぼえています。

西浦 うん、やっぱり商品がお客さまに届くことは、やりがいのひとつですよね。私は、通信販売限定の「海鮮まんぷくボックスお徳用」を数量限定で販売したとき。その商品のバナーと商品ページの作成を、初めてひとりで担当したんです。何回も先輩方に校正してもらって、やっと完成したんですけど。その商品が無事に売れて、完売まで到達。そのとき、大きな達成感を感じました。

それぞれの場所で明確な目標を追い続ける

大石 最後に、今後の目標を。僕はBtoCだけでなく、BtoBの売上をさらに拡大していきたいです。営業実績をあげたうえで、チームをもち、さらに、自分がいま携わっている仕事を部下にまかせるところまでは見えています。そのうえで、海外に挑戦していきたいですね。

比嘉 私は今月から羽田店の副店長に就任します。来春までに店長をめざしたいです。そのために、ヒト、商品、お金のマネジメントをしっかりひとりでできるようになりたいです。なかでも、いちばん大事なのはヒト。なにをおいても、もとをたどるとヒトに行きつくと思っていて。現場スタッフとの関係性だけでなく、福井本社だったり東京オフィスだったり、お取引先だったり――。人との関係性の一つひとつを大事にしながら、一歩一歩、確実に。でも、スピード感をもって進んでいきたいですね。

川畑 私は、あべのハルカス店の店長を支えられるようになりたいです。そして、ゆくゆくは副店長、店長というポジションに立ちたいです。まわりの方をつねに意識しながら、誰もが過ごしやすい職場をつくっていけたらと思います。

西浦 私は、いま携わっているWeb業務で完璧にひとりだちしたいですね。そうして、SNSとWebを駆使して、越前海鮮倶楽部のせんべいと地元・福井の良さを全国・世界に発信できるようにがんばりたいです!

【CHECK!】採用情報はこちら

誰かを喜ばせるために企画することが好きな方、チャレンジ精神旺盛な方にはたくさんのチャンスが巡ってくる会社です。
「自分の可能性に挑戦したい」「安定するのではなく変化し続けたい」という方は、ご応募お待ちしてます!

たくさんの方のエントリーをお待ちしております!
求人情報一覧▷▷ https://hikoma.jp/takida-ep/job_offers

SHARE

READ MOREもっとタキダエンタープライズを知る

東京ソラマチ店店長 新井 菜央
MORE
続きを読む
【ソラマチ店長】“スカイツリーから世界へ”海鮮せんべいの魅力を伝えたい
MORE
続きを読む
【人事】地域発のベンチャー企業だからこそ社員が挑戦しやすい風土がある
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報

品質・生産管理マネージャー(海鮮せんべいの生産、検品、出荷)
  • 福井
  • ALL
MORE
続きを読む
庫内軽作業スタッフ(海鮮せんべいの生産、検品、出荷)
  • 福井
  • ALL
MORE
続きを読む
海鮮せんべいの販売スタッフ
  • ALL
  • 大阪
MORE
続きを読む
海鮮せんべいの販売スタッフ
  • ALL
  • 大阪
MORE
続きを読む

ENTRY応募する

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. タキダエンタープライズを知る
  3. 【若手座談会】「おいしい」の、その先にあるウキウキワクワクを届けたい