WORK
仕事を知る

【サーバーエンジニア】日々、新しい発見がありスキルが身についていると実感

仕事を知るWORK
PROFILE

播磨 紫織(エンジニア)
◆入社年:2019年/中途
◆出身:宮城県/恵泉女学院大学
◆趣味:テニス・ヨガ

2019年4月にエーエスエルに入社した播磨紫織はいま、メガバンクの基幹システム構築でサーバーエンジニアとして活躍している。彼女を含め、エーエスエルから3名がプロジェクトに参画。チームでお互いに支えあっていることが、播磨のスキルアップにおおいに役立っている。「エンジニアとして充実している」という、播磨の毎日を追った。

メガバンクの基幹システム構築に携わる

現在、携わっているのはメガバンクの基幹システムを構築する案件です。メガバンクのグループ各社がそれぞれもっている社内システムをネットワークでつなぎ、グループのシステムとして統合するプロジェクトです。そのなかで私はサーバエンジニアとして、新規サーバの導入にあたってのシステム構築、テスト、運用というフェーズにかかわっています。

全体としてかなり大規模なプロジェクトで、基盤チームやネットワークチームなどいくつかのチームにわかれています。私が所属しているのは基盤チームで、20名ほどのチーム。エーエスエルからは私を含めて3人が常駐しています。

いまは日々、新しい発見があり、「スキルが身についている」と実感しています。これまでわからなかったことがわかるようになるのはおもしろさがあり、やりがいを感じます。

たとえば、エラーが起きたとき、その原因がなにか、自分で解明できたとき。ものすごい満足感があります。とはいえ、まだまだ一人前とはいえず、自分で原因がわからないときが多いんです。そういうときは先輩に聞いています。「この設定を忘れていたんだ」といった具合に、私の単純なミスが原因であるケースが多く、ハッとさせられてばかり。

いまは、次はなにをしたらいいのか、現場にいる先輩に教えてもらいながら学んでいる段階。でも、そういう経験や知識が1つずつ積み重なって、スキルとして身についている実感はあります。

ワークライフバランスを考えてIT業界へ

いまでこそ最前線のエンジニアとして働いていますが、大学では文系。エンジニアとはまったく関係のない英米文学科を専攻していました。就活では金融業界にしぼり、大学卒業後は証券会社に入社しました。

希望した業界で、さっそうと働きはじめたんですが、ルーティンワークをこなすだけの毎日。「もっと自分にしかできないことをやってみたい」という想いが強くなっていきました。それで、自分の好きな洋服に関連する業界で、会社の売上に直接、かかわることができるアパレル会社へ転職しました。

そこで店舗スタッフとして働きはじめて半年くらいして、お客さまがついてきて、売上が伸びていきました。2年目には店長に昇格し、どのように予算を達成するかを考えたり、店づくりを工夫してみたり、接客や業務についてスタッフ教育をしたり。仕事としてはかなり充実していました。

ただ、休みが月に7日くらいしかとれない。しかも、休みの日にも仕事を家に持ち帰っているような状態でした。ちょうど20代後半になって結婚を考えるようになったころから、「この仕事と家庭を両立するのは難しい」と感じるようになりました。それに、体力的にも難しいなと感じていました。力仕事もありましたから。今思うと若かったからできた仕事だな、と。

それで転職先を探すことに。お店をマネジメントするために、エクセルやワードを使って資料をつくり、分析していた経験を活かせないか、と考えるようになりました。そうした仕事のある会社を探した結果、あるIT企業を見つけ、採用されたのです。

チームでプロジェクトに参加したかった

その会社では、まずエクセルやワードを使ったサポート業務に携わりました。2年ほど後、営業職に就いてエンジニアをお客さまに紹介する仕事を担当するようになりました。エンジニアと営業の両方のことがわかり、とてもいい経験をしました。

サポート業務を担当していたときに、人手が足りない際はプロジェクトの手伝いをする中でエンジニアの仕事に興味をもつようになっていました。そして、営業としてたくさんのエンジニアをお客さまに紹介していく中で、「自分自身もエンジニアとして活躍したい」という想いが強くなっていったんです。

それで、会社にお願いして営業からエンジニアへ異動させてもらい、サーバエンジニアとしてスタートしたんです。1年半ほど、ひとりで客先に常駐してプロジェクトに携わっていました。業務はやりがいを感じられるものでしたが、ひとりで常駐しているのはつらかったですね。ほかの会社のメンバーばかりで構成されるプロジェクトのなかでは、わからないことがあっても、なかなか聞きづらい雰囲気があります。複数のメンバーがいる会社は、その会社のチームのなかで先輩が後輩に仕事を教えていくカタチになっていました。正直、うらやましかったですね。「チームで参加できる会社で仕事をしたい」という想いが強くなったんです。それで、転職先を探しはじめました。

そこで出会ったのがエーエスエル。採用面接時にはっきりと「チームで入りたい」と伝えました。わがままかもしれませんが、エーエスエルはその希望を受け入れてくれました。今の現場は、私のスキルからするとちょっと高いレベル。わからないことが多くあるので、先輩に聞きやすいというのがいいですね。

会社の支援を受けサーバ系の資格取得をめざす

入社してみて、「エーエスエルはエンジニアのことを理解してくれている」と感じます。2ヶ月に1回、営業担当者が客先に来てくれさるので、ランチをしながらいろんな話ができます。チャットでのやり取りも。悩みがあっても聞いてもらえるので、常駐先での悩みやストレスをため込むことがありません。

また、スキルアップの支援制度があります。エンジニアとしての資格取得のためのテキストや試験の費用が会社負担です。取得したときには奨励金もあります。私は今、サーバ系の資格を取ろうとしているところで、テキストを購入して勉強をはじめています。現場の仕事と勉強を両立させるのは大変な面もありますが、がんばりたい。

これからの目標は、圧倒的に足りない知識量を増やしていくこと。現場で得た知識や経験をきちんと自分のなかで咀嚼し、自分のものにしていくことです。「なぜここでいきづまってしまったのか?」「なぜ自分で考えず、先輩に聞いたんだろう?」。こうしたことはきちんと自分のアタマで整理しておかないと、意外と忘れてしまったりするもの。そうならないように自分の中でフィードバックをして、一つひとつを積み重ねて、一人前になっていきたいですね。これから2年くらいでひとり立ちできるようになりたいと思っています。

SHARE

READ MOREもっと仕事を知る

【RPAエンジニア】採用面接で「あなたに向く案件がある」。...
人間の労働者の代わりに、365日24時間、残業代不要で文句もいわずに猛スピードで働いてくれるロボットを使うRPA。人口減少時代に、生産性を向上させる切り札とも目されている先進的な取り組みだ。そのRPAの最前線でエンジニアとして活躍する...
MORE
続きを読む
【マネージャー】成功している社長の考え方を知りたくてエーエ...
大手住宅メーカー系のシステム会社で品質管理業務に携わる大石広伸には、ひそかな野望がある。将来、SES会社を起業することだ。そんな大石が“起業家への修行の場”として選んだのがエーエスエルだった。なぜ、エーエスエルは起業を夢見る若者をひき...
MORE
続きを読む
【アプリエンジニア】最先端ITを駆使したアプリ開発案件を僕...
エーエスエルが掲げる「エンジニア・ファースト」の体現者。AIやIoT、ビッグデータなどの最先端技術をあつかうITベンチャーで、スマホのアプリ開発に携わる代田太陽は、そういえるかもしれない。エーエスエルではこれまでほとんど受注実績がなか...
MORE
続きを読む

RECRUIT求人情報・募集職種

Javaエンジニア(経験3年以上)
  • ALL
  • システムエンジニア
MORE
続きを読む
Pythonエンジニア(経験5年以上)
  • ALL
  • システムエンジニア
MORE
続きを読む
Pythonエンジニア(経験3年以上)
  • ALL
  • システムエンジニア
MORE
続きを読む
Javaエンジニア(経験5年以上)
  • ALL
  • システムエンジニア
MORE
続きを読む

ENTRYエントリーする

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. 仕事を知る
  3. 【サーバーエンジニア】日々、新しい発見がありスキルが身についていると実感