BLOG
社員ブログを読む

いまできることを考えてみた

学生さんたちと何かを生み出すことができるのか

社員ブログを読むBLOG
PROFILE

株式会社システムデバイステクノロジー 代表取締役 本田 稔
エンジニア出身で2016年10月より株式会社システムデバイステクノロジーの代表取締役に就任。
たまにIoT/AIに関するセミナーを開催しています。

オンラインバイトをしませんか?

今日のWebニュースに大学生の13人に1人が大学を辞めるかどうか悩んでいるという記事がでていました。
大まかに内容を説明すると、新型コロナウィルスの影響で大学が長期で休みになり、アルバイトも休みとなっており、収入もなく生活が困難になっているということみたいです。

これは親御さんの仕事自体も休業とかになったりするとなおさら大学に通うのかどうかを考えないといけない人がいても変ではないと思いました。


では、それに対して当社が社会に還元できることはないか。
それを考えた結果、ひとつのアイデアを思いつきました。

オンラインバイト

学生の方を数名募り、オンラインでディスカッションをしてもらいます。
それに対して時給を当社がお支払いするというものです。

当社の企業サイズではそこまで大きなバイト代を出せる訳でもないですし、募れる学生さんの数も少ないですが、やらないよりやってみようの気持ちでいまブログを書いています。

というわけで、オンラインバイトの募集要項を以下に記載します。

[オンラインバイト募集要項] ===============
業務内容:
決められた日時にオンラインミーティングを開催し当社と学生のみなさまでビジネスに関するディスカッションをします。
ディスカッションの内容は、「いまの国内外の状況を考えた上での今年一年でできそうなオンラインビジネスについて」です。

開催日:
参加される学生様が決まってから調整

時間:
60〜90分(初めましてからスタートして、ディスカッションをして、終了するまでの時間)

報酬:
1人1万円

応募条件:1〜4の全てに該当する方のみ応募可能です。
1、日本国内の大学に在学中の学生
2、新型コロナの影響を受けてアルバイトが休みになったorかなり減った方
3、ディスカッション当日参加できる方
4、ディスカッションの内容を終了後にHP、SNS等に掲載しても問題ない方

応募方法:
今日のこのブログを紹介するTwitterをリツイートして、応募の意思表示と意気込みを記載ください。

募集人数:
10人

尚、当選された学生の方でもディスカッション当日にご参加できなかった方や通信環境が悪く参加できなかった方、ディスカッションの邪魔をされた方に関してはバイト代を支給できない可能性がございますのであらかじめご了承くださいませ。
====================================

<2020/4/23 18:50追記> =====
応募期間:
今日(2020/4/23)〜2020/04/30(早めの方がいいと思いましたので)
========================

<2020/4/24 18:05追記> =====
オンラインバイトに関するQandAをまとめました。
========================

学生のみなさまの熱意を私に聞かせてください。
いいディスカッションができることを楽しみにしています。

株式会社システムデバイステクノロジー 代表取締役 本田 稔

ツイッターをはじめました。
よければフォローいただけると嬉しいです。

Facebookもやってます。
こちらは申請いただければ基本OKしてます。(リンクは貼らないので、ご興味あれば検索を m(_ _)m)

【CHECK!】採用情報はこちら

システムデバイステクノロジーは主体的に行動できる方と一緒に働きたいと思っています。
自分のアイデアを発信していきたいという方はぜひご応募ください。

たくさんの方のエントリーをお待ちしております!
求人情報一覧

SHARE

READ MOREもっと社員ブログを読む


長所と短所のはなし
MORE
続きを読む

ビジネス事例「ai.Cierge」その1
MORE
続きを読む

動画撮影しました
MORE
続きを読む

アイデアの生み出し方
MORE
続きを読む
VIEW ALL

RECRUIT求人情報

\ Topic / 優秀なアシスタントの仕事の方法
MORE
続きを読む
\ Topic / エンジニアとして生き残れる唯一の方法
MORE
続きを読む
\ Topic / エンジニアバブル崩壊
MORE
続きを読む
\ Topic / プロジェクトマネージャーってなんなん?
MORE
続きを読む

ENTRY応募する

募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ENTRY
  1. Top
  2. 社員ブログを読む
  3. いまできることを考えてみた